α

a0032559_1864499.jpg前回(クイックドロー)編の続き。
ペツルのカラビナを褒め称えたら、やはりイギリスの雄、DMMの話もしなくてはならない。
なんせ僕の普段使っているキーホルダーはあの名品、リボルバーなんだから・・・
最初にこのヌンチャクを見た時はなんて無骨でかっこ悪いんだろうというのが正直な感想だ。

しかし、あのDMMが訳もなく不細工な製品を世に出すはずがない。
世界最高峰の加工技術で美しいシェイプを自国生産で造り上げているこだわりは圧倒的な支持を受けているからだ。

DMMといえば最高の品質を誇るクライミングギア
イギリスはノースウエールズのスランベリス(高名なクライマーを数多く輩出)において、1985年に新世代のクライミングギアといわれる斬新なカラビナやカムが誕生しました。優れたデザイン・機能・品質を兼ね備え、自然環境との調和とリサイクル(DMMのポリシー)を具現する製品であり、この分野で初の“ISO9001”を認定、1990年には世界で最も高いクオリティーを要求される“MINISTRY of DEFENCE NATO”の認定メーカーにも指定され、DMMテクノロジーの高い品質を証明しました。いまでは世界のレスキュー&ワーク&クライミング界をリードするメーカーです。~メーカーHPより~


誰でも、ゲート形状をみればクリップ性能がずば抜けていることはすぐに気がつくだろう。
今、流行の小型軽量カラビナに不満を感じている大きな手の人や初心者にも圧倒的に使いやすいと思う。
昨日、紹介したスピリットよりも状況によっては凌駕しているかもしれない。
でも、注目してほしいのはストレートゲート(ボルト側)カラビナの形状の方だ。
ルーフ(強前傾壁)での回収がおそろしくスムーズなのである。
ルーフでの回収の大変さは経験した人でないと分からない。
スポートクライミングに特化したすばらしいギヤであるだけでなく、新しいカラビナの方向性&進化を示した傑作だと思う。

アルファ 46g 12cmドロー 104g
メジャーアクシス 24KN
マイナーアクシス 8KN
オープンゲート 9KN
ゲート開口幅 25mm
[PR]
by kounoproclimb | 2013-04-15 20:34
<< ウイメンズ三倉 SATSUKISHOW >>