グリグリとフライヤーⅡの相性について

【事故報告と注意】

このところパンプでグリグリによるリードビレイの事故が、何件か立て続けに起きています。
いずれもロープにベアールのフライヤー(10.2mm)を使っていた場合に起きています。

【事故例(1)】
終了点近くでクライマーが墜落。グリグリを通した側のロープは片手で持っていた
が、制動が全くかからず、クライマーはそのままグランドフォール。幸いビレイヤー
がやけどを負いながらもロープを握っていたので、骨折ですんだ。

【事故例(2)】
ボルト5本目でクライマーが墜落。ビレイヤーはグリグリを通っているロープは持っ
ていなかった。そのまま制動はかからずグランドフォール。クライマーは骨折。

2004年6月12日、Pump2号店でベアールのフライヤーとグリグリでビレイを試してみました。
まず地面でグリグリを通ったロープに制動がかかるか実験しました。
結果グリグリを通したクライマー側のロープは、ほとんど制動はかからず、スルーの状態で動きました。
ロープを別のものに変えると、しっかりロックがかかりました。
その後の実際のリード、墜落時でのフライヤーでの墜落実験ではロックがかかりました。
この結果、以下のように考えました。

(1) グリグリにはロープとの相性があり、相性が悪いロープで使うと、
    墜落時にまれにロックがかからないことがある。
(2) 現時点ではベアールのフライヤーが大変相性が悪いと思われる。特に新しい状態だと大変滑る。
    ただし他の全てのロープで確認したわけではなく、それ以外が大丈夫と言うことではない。

手を離してグリグリのビレイをしている人が大勢います。これは論外です。
すでに事故が何件か起きており大変危険です。

グリグリのメーカーの使用説明には以下のように書かれています。
(http://www.alteria.co.jp/instruction/grigricheck01.htmより)
ビレイヤーは片方の手で(クライマーと反対側の)ロープの端を握り、もう一方の手でクライマー側のロープを握ります。
ロープを送り出すには、(クライマーと反対側の)ロープの端を握っている手で器具の中にロープを押し込み、
もう一方のクライマー側の手でロープを引き出します。
3B.
リードクライマーがロープをクリップする時、クライマーに十分にロープを送り出す
のが困難な時があります。
この時は、ロープの端(クライマーと反対側)を握っている手を器具に移動し、カムを
手で固定し、もう一方の手でロープを素早く引き出します。
カムをロックしている手は素早くロープの端に戻して下さい。
注意:安全性の面で、この方法は使用を制限し、素早く行う必要があります。
パートナーの墜落時にビレイヤーの手がグリグリに挟み込まれる危険性があり、その結果、
ロープの操作を失う可能性があります。

グリグリをリードのビレイに使用している方への提案です。
(1). グリグリはリードのビレイには使用しない。
(2). どうしても使用する場合は、メーカーの説明に沿って、正しい使い方をする。た
   だし3Aのような正しいロープの送り出しができないロープもあり(ロックしてしま
   う)、その瞬間にクライマーが墜落した場合、どのように対処するか考えておく。
   (私には良い対処法は考え付きませんが。最低限、他人を怪我させても裁判で困らな
   いように賠償保険に入っておく?)
(3). ビレイの際にグローブをする、グローブをしていると握りこみでかなりの制動が
   かかるので、危険が軽減される。

またリードする方で、ベアールのフライヤーをお使いの方は、グリグリ以外でのビレ
イを、ビレイヤーにお申し出ください。

グリグリのビレイは他のビレイ器具と同じく、グリグリを通ったロープを放さないこ
とが鉄則です。
またベアールのフライヤーはATCなど、他の器具を使っても、他のロープと比較する
と明らかに、流れやすいです。
ビレイヤーがクライマーより軽い場合など、止めるのが大変困難な場合があります。
重ね重ねですが、ご自分の命は、ご自分で守るようお願いします。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-02 10:37 | 仕事
<< レッドリバーゴージその1 HP開設 >>