備忘録ーシューズ編(1996年-2008年)

a0032559_1385821.jpg
続きです。
興味のない方はスルーしてください。





5.10 アナサジレースアップ 1996年
この頃のコンペティター御用達、僕には固すぎてあわず・・・友人に譲る。

コブラ 38.5 1998年
僕はどうもスリッパタイプと相性が悪い。
みんなが絶賛するほどいいと思わない。
ようわく足が合う時には型崩れしてしまって、パフォーマンスはイマイチに・・・・
ただ、たんに足と合わないだけか?

ミウラ 38.5 1999年
もう、説明の必要がないベストセラーですね。
スペインで購入。3回リソールして現役を退いたけど捨てずにもっている。
現行モデルよりもターンインしておらず、ミッドソールも固め。

レッドチリ US8 名前不明 年数不明
いい靴だと思うけど足が合わず・・・・誰かに譲る。

ミラージュ 38.5 2000年
バナナのようにカーブした極端なターンイン、指先の形に合わせたミッドソール
ソリューションの原型になった、好き嫌いがはっきりと分かれる靴。
お気に入りだったのに、買った二足とも紛失・・・・
一足は岩場で、もう一足は車の上にのせて乾かしていて行方不明になった。

メラク 38 2001年
ロック&スノー#012号のシューズプレゼントで当たった。
当時、アメリカツアー中だったけど、嫁がわざわざ届けてくれた。
少しサイズが小さかったので、馴れるまでかなり時間がかかったけど人口壁の本気靴だった。

ジブリ 38.5 2002年?
よく憶えていません。

カタナ 38.5 2003年
最初、初中級者向きと紹介されていましたが、どうしてどうしてお世話になりました。
こういう靴が本当のオールラウンドと呼べるんだと思う。

MR シャーク US8  2004年
やはり、スリッパタイプは合いません。
いいかげん、学習しろよの世界・・・・・

テスタロッサ 38.5 2004年
2足購入、両方とも未だに現役で活躍中・・・・
スポルテイバの最高傑作だと思う。デザインで好き嫌いがわかれるか・・・・・?
ツアーにはとりあえず、一足は持っていく。

バラクーダ 38.5 2005年
カタナの紐版、くるぶし周りのフィット感が向上している。
あまり、履いていない。

MR ロコ US9 2005年
すごく、攻撃力のあるいい靴、しかし、履く人を選ぶ。
僕は選ばれなかった一人・・・・

イボルブ プレデター US9 2006年
講習用に購入したが、そのバランスのよさに惚れ込み、花崗岩やクラックに愛用中・・・

ボリエール クラックス UK7 2006年
少しはフリクションも改良されたかなと買ってみたけど、やはりイマイチ・・・
しかし、靴の完成度は高い。現在もルートセットで使用中
3回リソールして今は大きな穴が開いている。

イボルブ タロン US8.5 2007年、2008年
プレデターがよかったので、買ってみたけど今では岩場での本気靴、2足所有。
普通のダウントウシューズなんだけど、ソールと靴の剛性のバランスが見事だ。
07と08で若干大きさが違うのが唯一の不満

5.10 ドラゴンレースアップ US9 2007年
もうファイブテンは買うまいと決めていたのに、足形があった。
固めのタロンという感じ、ボルダーで使用中・・・

MR スーパーロコ 2008年
人に譲りました。

イボルブ ポンタス US7.5 2008年
色がきれいなので購入・・・
細身なので、未だに痛い。
少し、固め。可もなく不可もなく・・・・

ボリエール・ミュータント UK7 2009年
噂どうり、すごくいい靴・・・・
でも、フリクションが・・・・・・
早く張り替えたい!

ここに書いているのはあくまでも個人の使用感です。
ジムスタッフとしてのコメントではありませんので誤解ないようお願いします。
靴はかなり個人差と相性がありますので、参考程度に考えてあくまでも御自分で
ためし履きしてから購入してください。

[PR]
by kounoproclimb | 2009-06-04 23:37
<< ROCK&SNOW #044 備忘録ーシューズ編(1978年... >>