カテゴリ:スペイン( 9 )

最終日7/23

a0032559_1246912.jpg

GRAN BOVEDA
Rodellarで一番大きいケイブ、今回は登らなかった。中央の一番長いルートは40メートル以上ある。かぶり、スケール、内容どれをとってももかっこいい。

最初からわかってことだけど一週間は短かった。
僕はとうとう目標にしていたルートをRP出来なかったし、その一本に絞っていたので新しいルートも触れなかった。「実力不足です」と男らしくあきらめるにはあまりにも悔しい結果になった。

何年先かまたくることが出来るだろうか?
Adios. Rodellar!!!!
a0032559_12483679.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-27 13:53 | スペイン

MALDITA CODICIA


7月22日
今日はあんまり疲れているので僕だけレスト。川沿いは風があってとても涼しい。
a0032559_12505934.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-27 13:28 | スペイン

4日目

レスト明けなのに、2人ともすごく体がだるくてしんどい。
毎日だんだん暑くなるせいか、Cervezaの飲みすぎか?
それでも嫁は気合で、Aquest Any Si 7B+をRP。
今までの海外の成果から考えると大躍進で立派だと思う。
それに比べて僕は全然ぱっとしない。ムーブは出来ても持久力が持たない。


今まで行ったことがなかった北の方のエリアを見に行った。
右側はLa Surgencia Mascunのアーチに人がいる

a0032559_216870.jpg


La SurgenciaVirgen del castillo 向こうのほうに新しいエリアAndrebotが見える
a0032559_12563131.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-27 01:04 | スペイン

ALQUEZAR


7月20日、今日はたぶん最初で最後になるレスト日、アルケザールに観光に行った。
小さな村なのでゆっくり見ても一時間ぐらいで一周出来る。断崖絶壁の上に立つ教会は僕たちが行ったときはちょっと早く受付の人が休憩にいったみたいで誰も入り口にいなかった。
観光案内所で時間と場所を調べておけばツアーガイドつきで太古の洞窟壁画を見れるらしい。(普段は入り口が閉まっている)

Paella
夕方またバルのレストランに行って、昨日の夜予約しておいたパエリアを頼む。
Negro Arroz(イカ墨)を頼んでたのにでてきたのは、普通のミックスパエリアだった。
がっかり~やっぱり通じてなかったのね???
まあ、また今度来たとき挑戦しよう。
そうそう、肝心の味ですが、嫁はとてもおいしいといってたけど、僕はノーコメントです。
a0032559_12594725.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-26 14:01 | スペイン

最高の夜

朝、7時に夜が明けて夜10時近くまで明るい。9時ごろふらふらになってアパートまで帰ると玄関に置手紙が・・・・
「今日はレストだったので、カレーを作りました。夕食一緒に食べましょう。」
a0032559_1344165.jpg


YORIYORI とGAKKY
よりより手作りのカレーを始めて食べた。感激!!
色々教えてもらったうえにNEWルートのトポも写させてもらい、いたせりつくせりである。
充分盛り上がった後、少し飲み足りないねとキャンプ場のBAR(バル)に飲みに行く。

FINAとSERGIO
YORIYORIにオーナーのFina さんを紹介してもらって「今日どこを登ったの」と聞かれ、グラシャスフィナの話をするとセルヒオさんを紹介された。この人がグラシャスフィナを開拓した御本人だそうだ
a0032559_13114672.jpg
人との出会いはまったく不思議だ。この日ほどもっと言葉がわかれば・・・と思ったことはなかった。Fina はなんでこんなに クライマーに優しいんだろうとか・・・・。
気が付けばバルの閉店時間をだいぶ過ぎていた。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-26 13:19 | スペイン

GRACIAS FINA


昨日、トライしたルートはムーブがよく判らなかったので、今日はいつものようにEl camino、Aquest any si でアップした後、Pince sans rireにいく。ここは夕方4時ごろからしか日が陰らないので、人が少ない。でも、ルートの質ではトップクラスだと思う。
「GRACIAS FINA」8a
最初、2本のコルネから始まって薄かぶりの前傾壁を絶妙なホールドで右上していく持久力系☆☆☆☆ルート
ちなみにルート名のFinaはEl Puenteの女性オーナー。クライマーに好意的なFinaにささげられて作られた。
a0032559_1352289.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-26 12:35 | スペイン

EL PUENTEのアパート

真夜中から、雨・・・・朝になってもまだ止まない。初日から、雨とは・・・・
a0032559_137131.jpg


僕たちの部屋は右端、白い車の前です。
中は台所、トイレ、シャワー付き、冷蔵庫、鍋、食器もある。二段ベッド二つ、ソファーがあるので無理をすれば5人寝れるかも???(2人だと充分な広さで快適だ)今回は1週間のツアーなのでテントなどキャンピング道具を減らせるので思い切って贅沢してみた。
10時過ぎ、雨があがったのでとにかく様子を見に行くことにした。
なんと岩場は乾いている。全然、問題なくクライミングできる状態だった。
El caminoでアップ、Aquest any si、Las ventanas del mascunの3箇所を登った。
アパートを予約してくれたよりよりたちと岩場で再会。一日目にあえてうれしい。その他東京から来たらしい日本人2人と会う。(どこもキャンプ場はいっぱいで、近くのBiergeという村で見つけた安宿に泊まっているそうだ。)

[A Crabita ]8a
Mascunのほぼ中央にあるカンテのかっこいいルート。トライしているスペインのクライマーがいたので、一緒にやらせてもらう。
登っていると下から「オパ、オパ」と声援を送られる。ベンガなら、知ってるんだけど・・・
帰って辞書で調べると「OPA」愚かな、馬鹿なことをしている様と書いてある。
そんなわけないよな~

後でよりよりに聞いたら、アウパって言ってるみたい。
そんなに深い意味はなく、「行け」とか「いいぞ」っていうことらしい。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-26 11:50 | スペイン

Rodellar再訪

7月17日
今年の夏は4年前、訪れたRODELLARにまた、行くことになった。
8a.nuでは、人気投票で5位に入っている。
僕は二回目、嫁は始めてである。今回もタイ航空(南回り)バンコック、ローマ経由で22時間かかってマドリッドに着いた。丸一日飛行機は僕の年齢にはこたえる。夜中の2時頃に(日本時間で)デイナーがでたけど全然食べれなかった。マドリッド(10時着)で車を借りて、高速A2をひたすら走りウエスカで食料買出し、6時に
EL PUENTEというキャンプ場に到着。今回友人の好意でアパートを予約してもらっていたのですんなりチェックインできた。土曜日なのでキャンプ場は超満員、予約していなかったらテントでも厳しかった。
a0032559_13104544.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-26 10:31 | スペイン

もうすぐスペイン

 明後日からスペインツアーに出かけます。
これは4年前(2000年)に行ったときの記録です。(フリーファン№31号掲載)
RODELLAR(ロデジャ)
 今スペインで一番ホットな岩場        
 
 1.はじめに
今年の夏はどこに行こうかと考えていた私たち夫婦は、岡山の○原世利子さんと香川の人たちがスペインに行くという話を聞いてとてもすてきに思えた。
岩と雪168号のクエンカの記事を読んで以来ずっとスペインの岩場に憧れていた私たちにとって、「何故今スペインなの」「夏のスペインなんて暑くて登れないんじゃない」とかの周りの忠告はあまり耳に入らなかった。 結局 世利子さん達は最初の予定どおりにはチケットが取れず、私たち夫婦が先にクエンカに行き、後で現地で合流することになった。

2.クエンカ編
8月11日マドリッドから長距離バスに乗りクエンカ入りした私たちは最初から手痛い洗礼を受けた。スペインでは英語が通じないと聞いていたがここまでとは思っていなかった。
重いザックを担いで夕暮れのクエンカの街をふらふら歩き、7件目でやっと泊めてくれる宿をレンフェ(国鉄)の近くに見つけることが出来た。

次の日から○藤さんからお借りしたトポを頼りに岩場探しが始まった。街から20分も歩くと岩、岩、岩 でも登ってみたいエリアには歩けど歩けどたどり着けない。何とか登りたいエリアやルートを見つけた時には一日が終わろうとしていた。次の日からも毎日の岩場への往復に疲れ切った私たちは5日目にやっと決心した。やっぱり車を借りよう。
オフの日にもう一度マドリッドに戻ってハーツでレンタカーを借りた。そして次の日から、精力的にクライミングができるはずだった・・・・が、疲れきっていた僕は、風邪をこじらせてしまい寝込んでしまった。 10日間しか休みの取れなかった三千代は殆ど自分のクライミングが出来ずに失意のまま帰国しなければならなかった。
妻の帰国の日、マドリッドのバラハス空港まで送ってあげる約束だったのに 僕はベッドからさよならしかいえなかった。僕は窓がない 昼でも真っ暗な部屋で4日間を寝て過ごした。
4日目の夜遅く、僕のパートナーのトミやんが日本からやってきた。部屋から出て出迎えると小さなデイパック一つで彼は立っていた。どうも空港で荷物が無くなったらしい。

[クエンカの宿]
僕たちの泊った宿はペンションADELA 1泊ツイン(3人も可)  3000PTS
スペイン語が全然出来ないので、他のもっといい部屋を見せてもらうとか、シャワーのお湯をチェックするとか基本的なこともする余裕がなかった。ペンションの女主人はちょっと恐かったけど全然言葉のしゃべれない病気の日本人をずっと泊めてくれたの
からきっといい人なんだと思う。
もっとよく探せば駐車場付きのペンションもあった。僕たちは路上駐車がいやだったのでかなり離れた公営の有料パーキングに車を止めた。  1日1500pts 僕たちのときは 1pts=0.57円だった
a0032559_19345792.jpg

 [クエンカの岩場]
クエンカの岩場で驚いたのは ウンコ(糞)のすごさである。そこらじゅうでしてあって、足の踏み場もない。この岩場を代表するようなルートの取付きにまでべったりとしてあってここはもう終わった岩場なのかと思い悲しくて涙が出そうになった。それでも土日になると地元のクライマーはやってくる。彼らは平気なのだろうか。
ルートは垂壁中心で、前傾した面白そうな壁は高グレードばっかりで、しかもチッピングされている。鳳来などの今風のルートの好きな僕たちは4~5日で飽きてしまった。
5年ぐらい昔にここを訪れていればもっと楽しかったかも知れない。

3,北へ北へ8月26日 世利子さん達とも合流、トミやんの荷物も見つかって僕もだいぶん元気になった。全員で6人になってこれからのことを話し合った。とりあえずクエンカで2,3日登って、それからアンドレ王国に買い物に行くことになった。 途中ウエスカのマウンテンショップでいろいろ情報を聞き、行き先をべネスケに変更する。ベネスケには大きなマウンテンショップや人工壁のある登山研修所があり、ピレネー山脈の登山基地になっている。
a0032559_19352618.jpg


[ベネスケのマウンテンショップ]
日本の大型店の2倍ぐらい大きい、1階がクライミング用品でトポやガイドブックも豊富に揃っている。ギヤ類以外なら、交渉次第でもっと値引きしてくれる。例えばBD社のクイックドロー、1300pts
このショップはインターネットでも買い物が出来る(英語版もある)
バラベス  INTERNET   http://www.barrabes.com

4.ナタリーに聞け!
登山研修所にロデジャのことをよく知っている人がいたので話を聞いた。彼の話はまず最近彼が開拓した5ピッチ7C+のルートの自慢話から始まった。やっと聞き出せたのはこの付近のお薦めはRIGROS,VADIELLO,RODELLAR,ALQUEZARの4つだという。前の2つはトポがあり、ロデジャはキャンプ場にトポノートがあり見せてもらえる。アルケザールはトポがないのでナタリーという娘を捜して聞くといい。小さな村だからすぐに見つかるよといわれた。
極めつけはロデジャには2000人ぐらい泊まれる大きなケイブがあるよといわれた???結局僕たちは最後までロデジャにいたのでナタリーをさがしにはいかなかった。

5.やっとロデジャへ
 8月30日 やっと本来の目的地ロデジャに着いた。人の良さそうなドイツ人の家族連れがいたので岩場までの道を聞いて連れていってもらった。キャンプ場には日本人は僕らと○木さん、遠○さん、伊○さんたちの2グループだけだった。 僕とトミやんはここに腰を落ち着けてクライミングに集中しようと思い まずキャンプ場のレセプションでトポノートを見せてもらい、 岩場に行ってだいたいの概念をつかんでは、また 見せてもらっては それを写し、地元のクライマーにあえば教えてもら いと ルート名もグレードもバラバラなのをなんとか解析して 自分のトポノートを作って面白そうなルートを探した。僕達は自分達が想像していた以上にすごいケイブがあちこちにあるので興奮していたが他の人たちはツアーの疲れが溜まって調子が悪そうだ。
(特に○谷さんはお疲れで岩場に行ってもずっと横になって寝ていた。僕はきっと飲み過ぎだろうとほっていたのだが、クライミングのモチベーションはなくなっていたよう
だ。)
a0032559_19361660.jpg
9月2日 香川の人たちは7日に帰国しないといけないのともうすっかり観光モードに入っていたので ここでお別れすることになった。 世利子さんは香川の人たちをマドリッドまで送っていった後、スペインの友達にあって きっとまたロデジャに帰ってくると約束してくれた。

6.ボルダリング大会
16,17日とここでボルダリング大会があるのですごくクライマーがふえてきた。やはりクライマーは他のキャンパーよりレベルが低いのか、夜中でもうるさくて眠れない。15日の夜 世利子さんが友達のベルダと一緒に帰ってきた。ベルダはこの大会に参加するためにサンセバスチャンからやってきた。僕たちも出ないかと言われたが二人とも体中あちこち痛めていたので参加する勇気が出ず、断ってしまった。 コンペ会場は 急遽山小屋の横の牧草地に作られて、とても草コンペらしく楽しそうだった。17日の決勝、成人女子はベルダが優勝、男子はリザルトがよく聞き取れず、わからなかった。
a0032559_19363766.jpg


7.アデイオス
あれほど欲しかったきちんとしたトポがボルダリング大会にあわせて発売になった。
 そしてその翌日から ずっと雨、雨、雨・・・・・
浸みだしでどんどん黒くなっていく岩場を未練がましくにらみながらも僕たちにはもう日数が無く、もう一度必ず来ようと心に誓って日本に帰国した。
[アクセス]
僕たちはタイ航空を利用しました。一番安いのですが南回りで乗り継ぎが多いので時間がもったいない人にはむいていません。マドリッド着が10時ぐらいなのでレンタカー
を使えば空港からウエスカまでずっと走りやすい高速なので6~8時間でその日のうちにロデジャにつきます。 
 バラハス空港=NⅡ=サラゴサ=N330=ウエスカ=N240=A1229=ABIEGO=BIERGE=RODELLAR

[ギヤ類]
ロープは60M、ヌンチャクは15本ほど必要、でも大抵のものはウエスカのマウンテンショップで手に入ります。トポはキャンプ場の売店にあります。

[ロデジャの岩場]
フリークライムのエリアはおよそ28、ルート総数は230本 岩質は石灰岩です。
キャンプ場から一番近いエリアで歩いて20分ぐらいで石を敷き詰めたような快適なハイキング道がついています。谷を挟んで両側にエリアがあり午前、午後と分かれている所などアメリカのライフルににているなあと思います。 ルートは鳳来のようなガバガバやコルネをぐいぐい登るのやルーフ等いろいろあって誰でも楽しめるでしょう。 グレードはフレンチグレードで5~8b+まで 特に7の前半が充実していて、中級者から充分楽しめます。プロジェクトもたくさんあるのでまだまだルートは増えていくと思います。
クライマーはフランス人も多く「オラ」と挨拶すると「ボンジュール」とかえってきます。
他にも今注目されている岩場を何カ所か教えてもらいましたが、エリアやグレードはロデジャが一番まとまって充実していると思います。
   
[キャンプ場]
キャンプ場は3つあって僕たちは岩場に歩いていける一番奥にある所を利用しました。
料金はどこもそんなに変わらないと思います。トイレ、シャワーはいつも掃除されていてきれいでしたが、シャワーは我慢出来ないぐらいぬるかった。売店には何でも売っていて、切手やガスボンベなどもあり、生鮮食料品以外ならたいていのものがあります。また朝夕にこの村で焼いている出来たての熱いパンが手にはいるのもうれしかった。 またバルには1本フォークのレストランがついていたがエンサラダを頼むと結構高かったので ここできちんとした食事はしませんでした。でもみんなうまそうなものを食べていたので聞いてみると何を聞いてもないと言う。後で解ったのですがみんな前の日から予約をしていたのだそうです。キャンパーは8割ぐらいの人がキャニオニング(沢登り)で結構中高年の人が多く、大人の遊びという感じがしました。

 CAMPING MASCUN Tel 974 318 367
テント一張り 525pts  一人  525pts  車一台  475p
INTERNET http://.www.guara-mascun.com
E-mail guara@guara-mascun.com

真ん中のキャンプ場も一度見に行きましたが大変親切でバンガローもシーズンオフなら安くしてくれるそうです。ここのバンガローはとてもきれいで変なオステルよりもずっといいです(トイレ、シャワー、キッチン、冷蔵庫付き)4人部屋で8000pts

[買い物]
オフの日にウエスカ(車で1時間)まで買い出しに出かけました。銀行や郵便局、インターネットの出来る環境もあるらしい。(僕たちはわからなかった)
町の西のはずれにコソ・リアルという大型スーパーがあり、インタースポーツというマウンテンショップもあります。 INTERNET http://www.intersport.es
また反対側にバルバストロという町もあるのですが行く機会がありませんでした。

[シーズン]
春~秋、この村は冬になると誰もいなくなって無人になるそうです。また、コルネが主体の岩場なので、雨が続けば浸みだしで登れなくなると思います。
夏でも朝は結構寒くて、フリースが欲しいです。 また滞在中に何回か大きな雹(ピンポン玉ぐらいのが固まってブロックになっている)が降り、テントがつぶれるかと思う
ほど恐い思いをしました。天気が安定していれば、雨が降るのは1ヶ月に2、3回ぐらいだと思います。

[エリア紹介]
a0032559_19413997.jpg

EL CAMINO
最も人気のあるエリア。朝から2時過ぎまで陽があたらず、5から7bまで23本ルートがある。
初心者から中級者まで楽しめる。僕たちは一通り登ってしまった後も ウオーミングアップにずっと使っていた。 7以上のルートは出だしにちょっとムーブがあって中間部はガバガバ、最後は垂壁と変化に富んでいて楽しい。もし日本にあれば三ツ星の人気ルートになるだろう。

 LAS VENTANAS DEL MASCUN
a0032559_1942919.jpg

エルカミノの対岸にあり美しいアーチのあるケイブ。右の方のルートは かなり被っているが素直なガバガバでとても楽しい。 7aから17本 午後のエリア
a0032559_19422920.jpg


AQUEST ANY SI ( EL MEANDRO)
2番目に人気のあるエリア。僕たちは河原のエリアとよんでいた。どのルートも質が高くおもしろい。 午後のエリアだが最も早く陽が陰る。7a+から9本
a0032559_19425879.jpg


MALDITA CODICIA
 河原に石を積み上げてスタート。完全なルーフでルートは2本しかないがこういうのが好きな人にはたまらないだろう。川の水量が多いときは取り付けない。7cと7c+

PINCE SANS RIRE
○木さん達に教えてもらって最後に行ったエリア。5本しかないが質の高さでは一番かも知れない。午後のエリア 3時過ぎにならないと陽が陰らない。7b+から。

 GRAN BOVEDA
ロデジャで一番大きいケイブ。まだ開拓途中でプロジェクトが半分。壁が大きいので長いルートが多い。壁の取り付きはブッシュが多くて、当然2000人は泊れない。 7b+から26本
a0032559_19431878.jpg


EGOCENTRISMO
岩場の第一印象が鳳来の岩ににている。このエリアがキャンプ場から一番近い。午前のエリア。 7a+から5本

 CAFE SOLO
カフェソロとはエスプレッソのブラックコーヒーのことである。玄人好みのエリア。北向きなので一日中登れる。 7aから8本 

[僕のお気に入りルートベスト10]☆☆☆☆☆☆
 ESTAMPIDA (EL CAMINO
TOMA CASTANAZO (EL CAMINO
GOOD TXINGU GOOD (EL CAMINO
SONRISA VERTICAL (EL CAMINO
JUAN FRAN SE NOS VAN (LAS VENTANAS DEL MASCUN
EL SICI ( AQUEST ANY SI
SPASIBA+IVA ( AQUEST ANY SI
AQUEST ANY SI ( AQUEST ANY SI
DE BIEN NACIDOS (EGOCENTRISMO
MONICA (CAFE SOLO
[PR]
by kounoproclimb | 2004-07-14 14:43 | スペイン