カテゴリ:その他( 125 )

アプローチシューズ

アウトドアスクールに出かけたときに、最近履いていなかった某社のアプローチシューズをひっぱり出してきた。
岩場についてみるとなんか足元がぱかぱかして変・・・・
ミッドソールが劣化して、靴が崩壊しかけていた。

もっていたテーピングで応急修理して、無事下山できた。

帰ってきて、よく見てみるとミッドソールの劣化ではなくて、靴の接着自身が全体的にはがれてきている感じ、
もともとこの靴はソールとアッパーのバランスが悪くて、気に入らずあまり履いていなかったのでソールはほとんどすり減っていない。
他(某他社)にアッパーはまだまだしっかりしているのに、ソールがもう全然なくてつるつるのアプローチシューズがあるので、2足を合体して、レストアを考え中・・・・・乞うご期待

a0032559_21545169.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-06-12 21:54 | その他

クリスマスの晩に

a0032559_10441115.jpg最近、本当にCDを買わなくなった。
欲しいなあと思うのがあれば、お気に入りに入れておいて、しばらく冷却期間を置いておく。
半年経って、まだ熱が冷めていなければ購入を検討するといった感じだ。

しかし、このアルバムは違った。
少しだけ試聴して衝動買いしてしまった。
まあ、自分へのクリスマスプレゼントということで・・・・・

何も知らずに聞けばクインシー・ジョーンズと間違えるほど聴きやすい。
そう、これはJAZZアルバムではなかったのだ。
ハービー・ハンコックの生誕70年記念アルバムで
“平和と地球規模の責任”というアルバムコンセプトに賛同してくれるアーテイストを、ハービー自らが訪ねて行って録音された。
今年はワールドカップがあった影響で少しアフリカ色が強いけど間違いなく後世に残る名盤だと思う。

そういえば、僕にとって12月は特別な月だ。
40年前に他界した親父、そしてJ・レノンの命日でもある。

しかし誰でも知っているイマジンはもう説明の必要がないので、今回は2曲目のDon't Give Up
紹介。
1986年のピーター・ガブリエルの名曲
オリジナルのケイト・ブッシュの天使のような声も忘れ難いが、ピンクとジョン・レジェンドも負けていないと思う。

The Imagine Project/Herbie Hancock(2010/Hancock Records)
収録曲

1. Imagine(John Lennon)
with シール、ピンク、コノノNo.1、ジェフ・ベック、ウームー・サンガレ、インディア・アリー、
リオーネル・ルエケ、マーカス・ミラー
recorded in Paris , London and Los Angels

2. Don't Give Up(Peter Gabriel)with ピンク、ジョン・レジェンド
New York, Los Angels

3. Tempo de Amor(Baden Powell)with セウ in Sao Paulo
4. Space Captain (Joe Cocker) with デレック・トラックス、スーザン・デデスキ

5. The Times, They Are A Changin' (Bob Dylan)
with チーフタンズ、トゥマニ・ジャバテ、リオーネル・ルエケ、リサ・ハニガン

recorded in Ireland
6. La Tierra with フアネス in Maiami
7. Tamatant Tilay - Exodus(Bob Marley) with ケイナーン、ティナリウェン、ロス・ロボス

8. Tomorrow Never Knows(John Lennon, Paul McCartney)
with デイヴ・マシューズ、マット・チェンバレン
9. A Change Is Gonna Come (Sam Cook)with ジェイムス・モリソン

10. The Song Goes On with アヌーシュカ・シャンカール、チャカ・カーン、ウェイン・ショーター
in Mumbai, India
●その他参加メンバー:
ヴィニー・カリウタ(ds)
ラリー・ゴールディングス(Hammond B-3)
ラリー・クライン(b, keys)アレックス・アクーニャ(perc)ディーン・パークス(g)

タル・ウィルケンフェルド(b)マヌ・カッチェ(ds)ポウリーニョ・ダ・コスタ(perc)
*フアネスはコロンビアの歌手、 アヌーシュカ・シャンカールはラヴィ・シャンカールの娘。
[PR]
by kounoproclimb | 2010-12-22 10:43 | その他

放置

PCの調子が悪かったので、しばらくブログを放置していました。
それでも、時々見に来てくださったみなさんありがとうございます。

パソコンを買い換えたので、(といっても中古ですが・・・)またぼちぼちアップしていくつもりです。
今までのデータは6月までバックアップを取ってはいたのですが、壊れてしまったファイルもたくさんあり、
立ち直るにはもう少し時間がかかりそうです。

というわけで、僕のPCアドレスをご存知の方は気が向いたときにまたお手紙をください。
よろしくお願いします。 (アドレス帳も壊れているのか開かないのです)

a0032559_13443184.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2010-10-19 13:44 | その他

豚が嗤う

a0032559_11332559.jpg
タイトルにぐっと惹かれた。
すごく見てみたいと思ったわけではない。

鯨や海豚などの日本バッシングに対する反発でもない。
私たちだって、中国からの食品輸入がなければ生きていけないのが解っているのに、
ただ感情的に不買運動を叫んだりしている。
ただここから避けて通ってはいけないという思いかもしれない。

<飯島 望美展>
作者は、牛小屋と豚小屋に挟まれた家で、鳴き声やいびきを聞き、飼料や糞尿のにおいを感じながら生きてきた。作者の両親は毎日この牛小屋と豚小屋で働き、牛に蹴られてよく怪我をしていた。
小学生の頃、同級生たちが授業の一環として、作者の家に見学に来た。ひとりの子が「かわいそう」と言った。作者少し傷ついた。作者も感じていたことだったからである。「じゃあ、あなたは牛乳飲まないの? お肉は食べないの?」と返すだけでは、作者の心の中の小さな痛みへの解答にはならない。
それから作者は、ずっと考えた。
しかし作者は、同時に両親が牛を可愛がっているところも見てきた。作者は子牛が産まれるとうれしくて、ブラッシングしたり、ミルクをあげたりしたが、名前はつけなかった。ペットとは違うと解っていたからである。1ヶ月後には別れがくる。泣きもせず、ただ別れるだけ。彼らがこれからおいしい肉になるため、別の農場で育てられていく。ひどい生活を牛や豚にさせていることも、作者にはわかっていた。
作者はとても矛盾していると思う。自分たちの欲望のため、積み重ねられた膨大な時間、たくさんの血、汗、命、寂しさ。何もいわずに、ただひっそりと佇んでいるのを感じながら、矛盾した痛みは固まって、小石のように転がったり、つかえたりする。

[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-16 11:34 | その他

ORGANIC

a0032559_0155755.jpg


マットの海です。
来月末に行われるコンペは、SOILLとORGANICのダブルタイトルを冠したコンペになります。
詳細はまだ・・・・・・・
もうしばらくお待ちください。

コンペ開催情報

More
[PR]
by kounoproclimb | 2010-01-16 00:16 | その他

新作

a0032559_1044494.jpg


Kriegの新作ですが、これはいったいなんでしょう?

答えは・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-14 10:46 | その他

Root

夏も終わろうとするある日、数十年来疎遠だった親戚から連絡があった。
「〇子おばさんが亡くなったよ」
僕がショックだったのは、初めて聞いた名前のうえに、40年前に亡くなった父の身寄りが最近まで
生きていたという事実だ。たった一人で身寄りもなく亡くなった叔母は僕のことを知らなかったのか、
知っていても会いたいと思わなかったのか、今となっては知る由もない。
不思議なことに、今まで父の家系にについて深く考えてみたことが一度もなかった。
それは母方の家系が江戸時代まで遡って、しっかり分かっている事や父について語ってくれる人が
もう身近にいないのが原因なのかもしれない・・・・・・
どちらにせよ、僕はかなり情に薄い人間なんだろう・・・・・・

叔母との血縁関係を証明する。
たったそれだけのことが大変だった。
物心ついてから、母が亡くなるまで9回の引越し、阪神大震災も経て現在まで17回、住む所が変わっている。
学業や仕事の関係で本籍を何回も移しているので、ひとつひとつ辿っていくしかないと役所にはいわれた。
僕の出生記録も半世紀経つとすでに保存されていない。

父の戸籍に辿るつくまで1ヶ月半かかった。
[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-13 23:25 | その他

Spray Pants

a0032559_10365083.jpg

待望のドラゴンの新作が入荷しました。全4色。グラデーションが綺麗ですね。
全部、欲しくなってしまいます。
シルエットはここを見てください。

パンプウイメンズブログ
[PR]
by kounoproclimb | 2009-11-24 10:38 | その他

Silent Snow

a0032559_10115098.jpg

かなり、時間が経ってしまったけども、BANFF映画祭の感想を・・・・・・(今回はクライミングネタはなし)

僕は犬ぞりの映像が好きだ。
寒いのが苦手なので、実際に行って乗りたいとは思わない。
ただ、犬たちが全力でそりを引いているのが好きだ。
それだけで、ジーンと胸が熱くなってしまう。

しかし、北極圏の唯一の移動手段だった犬ぞりもやがて消えてしまうかもしれない。
どこへ移動するにも船に乗らないとどこへも行けなくなってしまったから・・・・・
かつて、交易で栄えた大きな村もどんどん閉鎖されていっているのだ。

地球上で使われるさまざまな危険な農薬や、汚染物質は、北へ向かう風と波によって極限へと
運ばれている。
そして、その目に見えない汚染はグリーンランドに住むイヌイットのコミュニティの生活や命の在り方を劇的に変え、危険におかし続けている。

Silent Snow
サイレント・スノー
2007年 オランダ 13分
監督:ジャン・ヴァン・デン・バーグ
制作:アン・アンドレアセン、サバイン・フルーネベーヘン、ヤコブ・ゲルト・デッカー、ヘンク・サネス
ジャンル:エンバイロ、カルチャー
北グリーンランドに住み祖先の歩んできた歴史を知る2人の少女たちから北限の汚染の現実が語られるドキュメンタリー作品。

[PR]
by kounoproclimb | 2009-11-20 10:17 | その他

銀の船

a0032559_15325889.jpg梅雨も末期なのか?
天気予報を信じておとなしくしていると一滴も雨が降らず、
今日は大丈夫だろうと家を出て、5分でゲリラ的夕立にあう。
そんなうっとうしい毎日に嫌気が差し、
オイルランプを衝動買いしてみた。

ガスのランタンは明るいけど、毎回ほやが壊れてしまうのと、
カートリッジのリサイクルがどうも気になってしようがない。

オイルランタンは蝋燭に毛が生えた程度しか明るくないけど
何かほっとする暖かさを感じる。
銀色でぴかぴかの外装も使い込んでいくと味が出てきそうな気がする・・・






Gin No Fune

もっと光を・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-28 15:33 | その他