<   2004年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そのビレイヤー、危険につき・・・・

a0032559_9134068.jpgフリーファンの最新号(46号)が届いた。
オートロックビレイデバイスの事故を防ぐ
グリグリ&フライヤーロープでのグランドフォール事故考察」が緊急特集として取り上げられていた。
以前、このブログでも「グリグリとフライヤーⅡの相性について」について取り上げたけど、口コミやネット等で噂になり始めてから、半年になるけど
いまだにどこのメーカー、ジムや団体も HPには載せていないし、正面から真剣にこの問題と取り組んでいるとは思えなかった。
今回、この実験テストと対談に2大メーカーを引きずり出したフリーファン編集長のDスケはえらい。

私見だけど、僕は仕事上、いろんな確保器具、ロープを使っている。インストなどで、お客さんが多い日は一日に述べ100人以上ビレイすることもあり、登りこんで指先が磨り減っているときは手が真っ赤になってしまう。だからTRならグリグリを使用、そして皮手袋は必需品である。
そして普段のリードビレイには自信がないのでグリグリは使っていない。操作性、安全性、制動力からいって、BD社のATC-XPがだんとつに使いやすいと思う。(肉厚があるのでロープの外皮にも優しい)

誤解しないでほしいが、今使っている慣れたビレイデバイスを買い替えする必要はないと思う。 例えば細い径のロープの場合は、安全環の所のカラビナを2枚掛けにすると制動力が増して安心だ。
(この方法はぺツル社のHPでも推奨されている。ぜひ、一度試してほしい)

よくある意見だけど、「どんな道具でも使う人によって左右される。ようするにグリグリなどのオートロックデバイスでロープが滑っても
絶対、手さえ離さなければ何も問題はないはずだ。

まったく そのとうりだと思う。
ロープクライミングというスポーツは基本的に2人1組でするスポーツだから、最終的にはパートナーとの信頼関係だ。

でも、ちょっと待ってほしい。
人間は必ずミスをする生き物である。
ビギナーもベテランも確率が違うだけで絶対ミスをしないということはありえない。

以前、WRC(ワールドラリーチャンピョンシップ)のトップドライバーがこんなことを言っていた。
「どこの自動車メーカーも性能的には ほぼ互角、それなら長時間運転しても一番疲れない車がミスも少なくて勝利のチャンスがやってくる。」
(ラリーは一日中走っても、タイム差が0.何秒しかないことも多い。F1などの派手さはないけど、その奥深さがわかると逆に普通のロードレースが大味に見える。ロードレースに比べて市販車により近いので、ベースになる車の基本設計がレースの勝敗を左右する。)

この話は当たり前のように聞こえるけど、これがとても大事・・・・・・

また続く・・・・・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2004-10-22 09:08 | 仕事

RP

土日、仕事だったので平日(月火)にKさん、Mさんと約束してまた、鬼岩に行きました。
あんまり、じぶんの登れた自慢話は書きたくない(読むほうもいやですよね?)
けど、今回は特別です。我慢してください。

台風23号がまた、迫っていてチャンスは月曜日しかないとわかっていたのでかなり緊張していた。アップがてら、1便目はヌンチャクをセット、岩はぱりぱりに乾いていて、最高の状態。
テーピングしないと強くホールドを持ちすぎると手が切れそうだ。

a0032559_1625626.jpg2便目、今回はきっと登れると予感があった。
体調、モチベーション、岩の状態、体の切れ、どれが欠けても
今の僕の実力ではぎりぎりのグレード 
緊張しすぎて何回もトイレに行く。

でも、登りはじめるとすごく落ち着いていて、あまりパンプしない。一つ目の核心部をなんとか無事にクリア、仲間の応援もはっきり聞こえる。充分レストしてから、最後の核心、足が2回切れてムーブが止まったけど今回は落ちない自信があった。
そして終了点にクリップ。

青空、みどり、そして白い岩、全てがまぶしく輝いて見える。

RPはもちろんうれしいけど、本当に幸せなのはそれを分かち合える仲間がいること・・・
もちろん一人で行かせてくれた嫁さんにも感謝・・・
皆さんありがとうございました。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-10-19 16:11 | 日本(国内ツアー)

うれしいニュース

a0032559_18592423.jpg一昨日、いつも一緒にトライしている友人のKさんからうれしいメールをもらった。
天気が久しぶりにいいので(3連休は散々だった)我慢出来ずに一人で鳳来にやってきたら、昼からMさんが駆けつけてきてくれて
その日の夕方、RPできてしまったそうだ。
失礼なことを承知で言えば、関西いや日本で最年長の5.13女性クライマーの誕生だと思う。
僕たち中高年クライマーにはそんなに時間もお金も才能もないし、身体的にもすごく恵まれているわけでもない。
ただ、ずっと そのルートを登りたいという強い気持ちを持ち続けられる人にだけ、時々神様がそっと微笑んでくれるんだと僕は信じている。










「ドント・ストップ・ザ・カーニバル」5.13B

本当にかっこいいです。おめでとうございます。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-10-16 19:14 | 日本(国内ツアー)

台風22号VS・・・・

10/10特異日
性懲りもなく、また鳳来に行ってきた。台風22号は関東にそれ、関西はほとんど影響はなかったけど、鳳来町ではかなり雨が降ったようだ。状態が悪いのは判っていたが岩場を一目見なければ納得できない性分、やはりどのルートも終了点は滝になっている。こんなに状態悪いのに人が多く(3連休だもんな)みんなブルーだ。とりあえずどこかでウオームアップしようとするとハーネスを車に忘れてきたことに気がついた。結局鬼岩まで②往復した。先週はチョークバック忘れるし僕は何やってるんだろう。
秋雨前線の影響で一日中小雨が降る。これは明日も乾かないだろうな~

今年の記録的な台風上陸、あちこちの大雨・・・・これらは地球温暖化が原因らしい。
今までは極地の氷が解けて、海面上昇といわれても山しか知らない僕にはもうひとつピンと来なかった。
でも、地球上の総水量(海水が97.5%)の1.5%が高地や極地の氷で、大気中に循環している水蒸気は0.1%ときくと、毎年九州ぐらいの氷が溶け出しているわけだから、どんなに深刻か容易に想像できる。
来年もきっと異常気象だろう。毎年そうだと異常でなくなるけど・・・
僕たちが夏、クライミングできなくなる日が近いうちにやってくるかも・・・・


10/11
朝までずっと雨、何か笑えてくる。

朝、乳岩の駐車場に集まったのは10台ほど・・・・・・
他のクライマーはみんなあきらめて帰ってしまったようだ。
小雨の降る中ゆっくり朝飯を作り、みんなの様子を伺ってみる。

結局この日、ここまで来たクライマーはみんな鬼岩に上がった。
天気予報どうり、やっと雨が止み、太陽のおかげで昼ごろには岩も乾き始めた。
ラッキーにも僕のトライしてるルートは結構状態がよかった。
RPは出来なかったけど、今季一番のクライミングが出来たと思う。
やはり来て見なければ判らない、ここまでくるのは賭けだけどね!
a0032559_11125718.jpg

ステロイドパフォーマンスでレストする○○氏,ラインの右側はまだ濡れている。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-10-12 11:23 | 日本(国内ツアー)

鳳来10/2~3

a0032559_19193457.jpg朝見えていたはずの青空もどこかに行って、知らぬうちに雨が降っていた。鬼岩のメインウオールを登っていると雨が降っていても解らないことが多い。今日は曇りのはずだったのに・・・・





落ち込む嫁(眠たいだけかも?)









土曜夜中からやんでいた雨が強くなり、テントをたたく音で目が覚めた。朝までずっと降り続きさすがの僕も今日は鬼岩に上がるのを断念した。
スーパーブルー~~

した道をずっと走ってKO-WALLで登って帰る。
「日本晴れ」10KG購入。
[PR]
by kounoproclimb | 2004-10-04 19:25 | 日本(国内ツアー)