<   2004年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スーパースター

今年の正月は8泊9日、城山&城ヶ崎のツアーに出かけました。
今回は本当にいろんな事がありました。

城山ワイルドボアゴージで一本登り終わって、ロープを解いていると上方から悲鳴とともに
スーパースターを登っていたクライマーが3P目から大きな岩といっしょに落ちてきた。
浮石を掴んだのか?と思ったが、岩には、ロープ、ヌンチャク、ボルトがくっついている。

テンションをかけたか、フォールしたときにボルトのうってある岩盤ごとはがれたらしい。
グランドフォールしたクライマーは岩とビレイヤーの間に挟まって動けない。呼吸が荒く、苦しそうだが意識はあるようだ。
本人が歩けるようだったので、みんなで付き添って山頂の駐車場まで行き、
呼んでおいた救急車で伊豆長岡の順天堂病院まで搬送された。(地元のクライマーの方が手配してくださった)

幸い全身打撲だけでどこも骨折はなく、その日のうちに帰ることが許されたそうだ。
a0032559_10452946.jpg


この人は実は僕の知り合いでしたが、そのときは気が動転して何も出来ませんでした。
「そうだ!ロープをFIXしないと」と気がつくまで、十数分過ぎていました。
あの時手伝っていただいた皆さん本当にありがとうございました。

下の写真はボルトのついている岩と一緒に落ちてきた岩です。
ビレイヤーにも直撃せず、クライマーが大怪我をしなかったのはまさに奇跡的です。
僕もこのルートをトライしたことがありますが危険な兆候や、雰囲気は全然ありませんでした。a0032559_10591593.jpg













a0032559_10595415.jpg
[PR]
by kounoproclimb | 2004-12-30 09:56 | 日本(国内ツアー)

解体

昨日は2階ボルダーの解体とビッグウエーブ壁のリニューアルを同時にするという
大阪店始まって以来の大プロジェクト、大阪スタッフ+応援部隊+東京スタッフ+
ダイナウオール+外人助っ人+N社長という大人数で行った。

十数人がみんな完全武装でハンマードリル片手に、一斉にばらしていく。
ボルト、ホールド、ねじくぎ等が雨のように降り注ぎ・・・・・
さっきホールド代わりに掴んでいた垂木が振り返るともうない。

a0032559_11422569.jpg


昼過ぎにはほぼ何もなかったようにだだっ広い空間が広がった。

解体したごみは産業廃棄物として業者に引き取ってもらう。
問題は完璧にへたってしまったマットである。燃やすと真っ黒な煙が出る有害物質だ。
捨てるのにも買うのと同じぐらいのお金がかります。

ところでボルダラーならひとつはもっているボルダーマットだけど中身はやっぱり
ウレタンなんだろうか?
初期のマットを買った人はダイブへたってきてるかも?
メーカーが環境にも配慮して中身も考えていますって聞いたことがないし、
これからはそんなことも考えて購入していかないといけないよね~


TV取材
先日、朝日放送のテレビ取材があった。主人公は京都の高校生、
佐々木悠吾君(2004年 ジュニアオリンピック 総合優勝)
放映は1月21日(金)19:54~20:00 「きらっと」
短い番組だけど、要点をきちっと抑えていて好感が持てる番組だ。

小山田 大さんも「情熱大陸」で取り上げられるらしい。
まだ、放映日は決まってないそうですが・・・・・1月中旬?
[PR]
by kounoproclimb | 2004-12-21 12:09 | 仕事

改装工事その2

順調に工事は進んで中央にたつタワーもダイブ形が出来てきました。
ケイブの中から見たところ
a0032559_045119.jpg













南側上方から見たところです。

a0032559_0462996.jpg

来週はいよいよ以前の壁を取り壊して、仕切りがなくなるのでみんなにも新しいエリアの様子が分かるようになります。
来年はじめ(1月2日だけ一部仮オープン)1月5日からオープン予定!
[PR]
by kounoproclimb | 2004-12-18 00:52 | 仕事

Climp Queen

もう一度会いたかったけど帰っちゃいましたね。「フラットマウンテン」をRPするにはちょっと日数が足りなかったみたいで、また来年必ず来るよと言い残して・・・・・

その後のJosuneとRikerはここを見てください。

ROCK&ICE 139号にJosuneの特集が載ってました。
a0032559_953029.jpg










昨日、「やくたあもにゃあ」  NO48号が届きました。
最新号はなんと70ページの特大号、JosuneとRikerへの特別インタビューも載っていて
盛りだくさん、鳳来のクライマーたちと親交を深めた様子が詳しく書かれていました。

僕たち夫婦は夏は鳳来、冬は備中とホームを二つ持っている季節限定労働者もといクライマー・・・・
どうしても、「やくたあもにゃあ」の会報が読みたくて、カンパと称して5年前から会報代を払っている。
フリークライミングのクラブはたくさんあってもこんなしっかりした機関紙を定期的に発行しているところは他にないだろう。
編集長の人柄、ユーモアが文章からあふれ出ていていつも愛読している。
特に会員のクロニクル、描写の的確さは爆笑ものだ。

a0032559_12493845.jpg
*登攀概況
*再登情報
☆スペイン最強クライマー鳳来に登場!
*クライミング誌235号 小山田大インタビュー 日本語訳
*私のお勧めルート
 PIKU 14A、品行方正13A、ドントストップザカーニバル13B、
*ハンガーの考察
*その他、山行記録
  錫杖岳前衛フェース、北岳バットレス、山形・山寺、ヨセミテ、
*若手会員インタビュー
*瑞がき山・小ヤスリ岩 開拓、インドヒマラヤ・メルー北東壁
*特別寄稿
 南極「ドームふじ基地」の記録
*JosuneとRikerからの手紙
[PR]
by kounoproclimb | 2004-12-15 09:07 | その他

改装工事

先週から、いよいよ工事が始まった。
はじめて、隣の倉庫に入ってみてその広さにびっくり、でも私たちが今回借りるのはその一部だ。それでも以前の4倍近くになる。

a0032559_23333088.jpg














何にもなかったところにイチから壁を作っていくのは無条件に楽しい。

a0032559_23362399.jpg













今週から、応援部隊もやってきてケイブがだんだん形になってきた。

a0032559_23435577.jpg
[PR]
by kounoproclimb | 2004-12-08 23:47 | 仕事