<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Escape Over The Himarayas

a0032559_10295827.jpg
友人のブログに紹介されていたDVDを衝動買いしてしまいましにた。
この作品がパタゴニアのバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバルで上映されたというのは知っていたけど、タイトルを聞いてもピンとこず、内容も全然知らなかった。
僕たち、山をやっている人間はネパールやヒマラヤという地名にはとても親しみがあります。
しかし、チベットという国が今、世界中どこを探してもないという事実は知らない人が多いのではないだろうか?
何故、親が小さな子供たちだけで命を懸けてまで亡命させるのかと疑問に思われる人も多いと思う。それはチベット語の使用禁止とチベットの子供たちにまともな教育を受けさせないという政策を中国政府がとっているためである。しかし、彼らは自分たちの文化、宗教、言葉に誇りをもって、非暴力と平和主義で戦っているのです。
インドで教育を受けた子供たちの大半はまた、命懸けでチベットに帰ってくるそうです。
彼らに未来のチベット民族の存亡がかかっているからです。
さらに2008年には北京オリンピックのため、来年にもチベットまで鉄道が敷設され、さらに大量の中国人が流れ込むことになるそうです。
僕はここで中国の悪口を書きたいわけではありません!中国もとても好きな国だから・・・・
ただ、この現実をたくさんの人に知って欲しいと思う。

このDVDはここで買えます。

ヒマラヤを越えて亡命する
チベット難民の子供たちを追った
珠玉の短編ドキュメンタリー


1950年代に始まった中国によるチベット侵攻。1959年、インドへと亡命したダライ・ラマ法王の後を追って10万人にのぼる難民がチベットから脱出してきました。
現在もなお、毎年数百人の子供たちが親元を離れ4,000メートル級のヒマラヤを徒歩で越え、数週間歩き続けてインドへと亡命してきます。
彼らは何故、命をかけてまで国境を越えるのでしょうか。

短編『Escape Over the Himalayas ーヒマラヤを越える子供たちー』は実際の亡命者に同行し、その姿をとらえた感動のドキュメンタリー・フィルムです。
雪のヒマラヤを越える5人の子供を含む10人の亡命者たちと、緑ターラー菩薩に旅の安全を祈り、彼らを命がけで導くガイドの姿を描いています。本国ドイツで2001年度の「German TV Award」にノミネートされるなど欧州では高い評価を得ている作品です。
日本では、2004年度のバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバルの上映作品として一度だけ上映され、静かな反響を呼びました。

[PR]
by kounoproclimb | 2006-06-27 10:30 | その他

ICHI

今日は2Fボルダーのホールド換え、扇、茸、橋の3箇所を替えました。
ところでリードルートのスタートホールドにはグレードと設定者の名前が書いて
ありますが「ICHI」さんって誰???とよく聞かれます。
実は月曜日のルートセットだけに入っているスタッフなのです。写真の左端・・・・
これでは顔がよく分かりませんね。
a0032559_18373951.jpg


a0032559_1842411.jpg
ボルダーXにかわいいミニサイズ(弟分)が出来ました。
今までは使い終わるまでに固まって捨ててしまうことが多かったのでよさそうです。
[PR]
by kounoproclimb | 2006-06-26 18:37 | 仕事

プリンの宴

a0032559_12582946.jpg
BUDDHAのニューシェイプがたくさん届きました。
これらのホールドはどこの壁につくのでしょうか?
登攀工作員としては一番楽しいひと時です。
(写真は自分の課題用に慎重にホールドを選定しているトミーです)

昨日は2ヶ月ぶりのP.O.C.C.S第3戦でした。
僕たちの告知不足とアテーナカップとが重なってしまったので
参加者が少なくて寂しかったです。


a0032559_137156.jpg
Aクラスの優勝は少し体調を崩しているのか登っている時以外はズット横になって寝ていたN.Fさん
詳しいリザルトはここです。


a0032559_13255055.jpgコンペの後はプリンパーテイ・・・・・
巨大なバケツに10Lのプリンが・・・・
前日から仕込んでありました。
ただでかいというだけなのに何故、こんなに盛り上がれるのだろう?
(しかも全員ノンアルコール!)
最後はタンクマンの一気飲み?!で完食いたしました。
(ああ~、当分プリンは見たくない~)
[PR]
by kounoproclimb | 2006-06-25 13:07 | 仕事

走馬灯

昨日は久しぶりに備中・ニューエリアに行ってきた。
このエリアで一番長くて美しいルート「美しくてカンテ」にトライ・・・

10P目をクリップした後、左手がカチからすっぽ抜けてフォール、
一度軽いショックがあったけど、そのまま落ち続けた。
≪と、止まらない!ロープが切れた!??
  この高さから落ちたらたぶん助からないだろうなあ~≫
と考えていると10Mほど落ちたところで止まった。
落ち着いてよく見るとロープに最後にクリップしたクイックドローがついている。
どうやらボルト側のカラビナが壊れたらしい。

a0032559_23383356.jpg
このクイックドローは昨シーズンから残置されていたもので地元の方に聞いても
持ち主不明・・・・・撮影のために借りて帰ってきた。


実を言うとこういう経験は初めてではない。
前回は鳳来のメインウオール、終了点から落ちたときボルトのハンガーがゆがんでいたため
カラビナが真横を向いていてゲートからテープが飛び出した。

それからは、登っている時のクイックドローの状態にはいつも注意を払うようにしている。
今回はクイックドローが体の前を通過するとき、きちんと下を向いていたのを覚えている。

足を踏みかえた時にひざがあたったのかも知れないし、原因はよく分からない。
幸いな事に前回も今回もかすり傷ひとつ無かった。

鶴九皐に鳴いて、声天に聞ゆ。

魚渚にあり、あるいは潜んで淵にあり。

楽し、かの園、ここに樹檀あり、その下これ穀。

他山の石、以って玉を攻むべし。

[PR]
by kounoproclimb | 2006-06-13 00:09 | 日本(国内ツアー)

Capa In Color

a0032559_11444639.jpg神戸大丸ミュージアムで開催されている写真展に行ってきた。
ロバート・キャパ没後、50年・・・60年前のカラー写真がきれいな保存状態で見つかったというニュースは衝撃的だった。(ずっと関西で開催される日をまっていたのです)
キャパについてはあまりにも有名なので説明の必要は無いだろう。



ギャラリーに入って写真を見ているうちになんだかとても懐かしい思い・・・・理由はすぐ分かった。
僕は写真を始めて、何台かのカメラを経て、コンタックスRTSにたどり着き、発色のきれいな*コダクロームをずっと愛用していたからだ。
今回発見されたのはほとんどがコダクロームのスライドフィルム、当時はほとんど価値がないと思われ、弟のボックスに眠っていたものが偶然見つかったらしい。今まで発表されていたカラー写真はほとんどエクタクロームで撮影されていたため、退色してしまいオリジナルからはプリントできなくなっていることを考えると奇跡である。

*コダクロームは外式現像といって、エクタクローム、ベルビア、プロビアなどの、現在のほとんどのポジカラーフィルム(内式)とは違い、、カラー発色乳剤が、フイルムに塗布されてはなく、後で染色するやりかただ。
ただこの現像方式は非公開でコダックの東洋現像所でしかできず、時間もかかった。そのため、プロのカメラマンの多くは発色の派手な、現像時間が早いエクタクロームを使用していた。現在では、他のフィルムメーカーの挑戦が続き、ついに、コダクロームなみの粒状性を持った(E6現像)のベルビア、プロビアが発売された。そしてしだいに世界最初のカラーフィルム、コダクロームは衰退していった。しかし、そのハイクオリテイ(粒状性、カラーコントラストに優れ、発色が濃厚)は多くのカメラマンに愛され、現代にも通用する完成されたフィルムだった。


a0032559_12274027.jpg
ミステリー
少し、小さいけど左上の写真をみてほしい。
「ロバートキャパ最期の写真」といわれる地雷を踏んで亡くなる直前のショットだ。
キャパは亡くなるとき2台のカメラで撮影しており、モノクロフィルムはコンタックス2、ニコンSにカラーフイルムが入っていたとされており、ニコンSは現在、東京富士美術館に収蔵されていてニッコール50mmF1.4がついている。(コンタックス2は行方不明)
さて、上記の写真を見るとどう見ても広角レンズで撮影されたように見える。
僕的には、ニコンSにモノクロ、コンタックス2にコダクロームが入っていたと考えるのが自然だと思う。
写真に興味が無い人にはどうでもいいことだろうけど・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2006-06-05 11:53 | その他