<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

二つの写真展

a0032559_031566.jpg
目に見えないもの
はっきり言って、一歩足を踏み入れた途端、がっかりしてしまった。
大自然を真正面から捉え、光と影を操った彼の作品をコントラストの強い貧弱なスポットライトが全てを台無しにしていた。
なんか、見落としているようでやりきれない思い・・・・もう一度入り口に戻って最初から・・・・
彼の散文を読んで目をつぶってみた。
星野道夫が伝えたかったこと・・・・・地球からのメッセージ・・・・

アラスカに魅せられ、かの地を棲家にして、たぐいまれな自然の世界を描写した写真家 星野道夫(1952~1996年)。
取材中に、カムチャッカ半島で、不慮の死を遂げてから今年8月で10年が経とうとしています。彼が残した膨大な写真や文章は、多くの人々を魅了しつづけてきました。小学校から中学、高校生向けの多くの教科書にもとりあげられ、たくさんの子どもたちにメッセージを送りつづけています。また、過去に開催された写真展では、小さな子どもから年配の方まで、さまざまな人々を惹きつけてきました。



世界報道写真展2006
シロさんのブログで紹介されていました。今年行った写真展のなかで一番よかった。僕の稚拙な文章力ではこのすごさを伝えられないので是非、見に行かれることをお勧めします。
といっても後2日間ですが・・・・・・2006年度の図録は売り切れていました。残念・・・・

【展覧会概要】
 1955年にオランダで設立された世界報道写真財団が毎年開催している「世界報道写真コンテスト」の今年の受賞作が2月10日発表されました。事件、事故、紛争やスポーツ、アートなどニュース写真を10部門に分類し、それぞれ単写真、組写真の1位から3位までの入賞作品を選出しています。この入賞作品約200点を集めて世界50カ所以上を巡回する展覧会で、今年で49回目を迎えます。
 今年のコンテスト応募数は122カ国・地域から4,448人、8万3000点に達しました。中東などで続く自爆テロ、東欧で起きた洪水、アメリカを襲った巨大ハリケーン、アフリカでは飢餓や病気に苦しむ人々など、人類が直面する現場からカメラマンが発信した写真が並びます。今年選ばれた世界報道写真大賞(グランプリ)はカナダ人カメラマン、フィンバー・オライリー氏が撮影したアフリカ・ニジェールの臨時食料配給所で母親の唇に手をあてた子どもの写真でした。大きく見開いた母親の目とやせ細った1歳児の手は、見る者に静かに、アフリカの危機的状況を訴えかけています。
 写真家たちが時には命を懸けて撮影した報道写真は、今年も見る人々に感動を与えることでしょう。

a0032559_8435347.jpga0032559_844185.jpg
[PR]
by kounoproclimb | 2006-08-21 23:31 | その他

小川山2006

a0032559_13151176.jpg小川山から半月ばかりのツアーを終えて帰って来ました。
今回は大阪店のアウトドアスクール、関東のスタッフと一緒に研修そしてプライベートとかなり盛りだくさんの内容でした。
特に最終日は中国、関西、関東のクライマー12人ほどで焚き火を囲んで盛大に焼肉パーテイ
(遅くまで騒いで廻りのキャンパーの方に迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい)

プライベートではマルチピッチやクラックのクラシックルートを15年ぶりぐらいにトライ、
「カサブランカ」の美しさには心震えました。

登攀工作員写真室に少しだけ写真アップしました。
[PR]
by kounoproclimb | 2006-08-21 13:15 | 日本(国内ツアー)

sessionその2

先週はPOCCS第4戦、そしてM店長、ホッシー、マリさんの送別会と忙しかった。
(POCCSの結果はPUMPのHPを見てね!)
昨日はM店長のお別れ&スタッフの懇親会を兼ねて、岐阜の瓢に行ってきた。
朝から、曇りで今日は涼しくていいクライミング日和と思っていたら山の上は雨・・・・・・
a0032559_12483161.jpg

なかなか諦めきれずに見学がてらあちこちの課題を見て回ったが、結局本日のクライミングは断念、麓に下りて長良川の河川敷でバーベキューでもしようということになった。

a0032559_12564717.jpg
ところが転んでもただではおきない僕たちは川原沿いにいい岩を発見、
N社長の号令の下に、草むしりと下地整備・・・
汚い岩はあっという間にすばらしい課題に生まれ変わった。
まずはM店長が味見、初登・・・・




そして最難課題?をトミーがゲット・・・・・a0032559_1301173.jpg
こうしてお馬鹿な僕達の幸せな時間が過ぎていったのでした。
[PR]
by kounoproclimb | 2006-08-01 12:43 | 仕事