<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お休み

明日から、旅に出ますので、しばらくブログお休みします。
[PR]
by kounoproclimb | 2008-06-07 22:18

更衣室

a0032559_2349267.jpg

他のスタッフが表から撮影した写真をアップしているので、逆から撮って見ました。
写真では、廊下が狭く見えますが更衣室は以前より、かなり広くなりました。
特に女性更衣室はエアコンもつきすごく快適ですよ。(男性の皆さんごめんなさい)

ところで、この構図・・・・・なんかよく見たことあるなあ~

下の写真は第2駐車場です。


















a0032559_2349411.jpg
[PR]
by kounoproclimb | 2008-06-05 23:49 | 仕事

FRIED PRIDE

a0032559_0334019.jpg新しい音楽にまったく興味がなくなってかなりになる。
よく耳にするジャパニーズポップスは耳障りがよくて、いいなあ~と思うことはあっても、
そのミュージシャンが誰なのかを調べたり、ましてやCDを買ってみたりすることは皆無となってしまって久しい。(これが歳を取ったという事なのかもしれない)
僕の心の中では、世界三大ボーカリストは(カレン、スティービー、フレディ)の三人で
それが入れ替わることはもう一生ないと思うのだ。

先日、偶然FM COCOROでこのグループが生出演していて、「CLOSE TO YOU」のカバーを演奏していた。
これに心奪われた嫁さんは土曜日にタワーレコード梅田店で行われる(ベストアルバム発売のプロモーション)インストアライヴにいきたいという。
詳細は船橋荘へようこそ

嫁さんの仕事が終わって、時間を潰すこと3時間、あいにくの雨模様だったので、木かげの広場の予定が急遽タワーレコード店内に変更となり、30分前からすし詰め状態・・・

1.SMOKE ON THE WATER
2.RIBBON IN THE SKY
3.WORDS WITH WINGS
4.泣き顔ロケット(新曲)

僕はS・WのRIBBON IN THE SKYがよかったなあ~
Fried Prideのオフィシャルページ
でも、BroadcastでBlue Note N.Y(2005年)のライブ映像が見れますが
それよりも数段パワーアップしていました。

*オリジナル曲もいいですよ!
[PR]
by kounoproclimb | 2008-06-02 00:10 | その他

空白のページ

a0032559_1813044.jpg今日は快晴の日曜日、しかしどこにも行かず、昨日借りた本を読み続けることにした。

マグナムフォトの構成員には、準会員、正会員、寄稿会員とあり準会員になるには会員半数の賛成が必要で、正会員は3分の2が必要だ。
巻末文のブリジット・ラルデイノワによると、一度会員に認められると、その後 生涯において、一枚も写真を撮ることがなくても資格を失うことはないそうだ。
それでも、マグナムを去っていく写真家もいる。
MARILYN SILVERSTONEはロンドン生まれ、
あるきっかけで、アジアでの活動がメインとなる。
マグナムを脱会した後、寄稿者となりカトマンズ近郊のシェチェン寺で尼僧として、生涯を終えた。
彼女がもし今も生きていたら今のネパールで どんな写真を撮ってくれるのだろう。
右の写真はインドへ亡命した頃の若き日のダライ・ラマ14世・・・










Steve McCurryが選んだのは日本人にもなじみの深いW・Eugene Smith
個性豊かなマグナム会員の中でも彼の反骨精神は際立っている。
中型カメラを使うことを拒んで、ニューズウイークを解雇され、ライフ誌の戦地取材では、
2年間寝たきりになるほどの重症を負っている。

問題の空白の写真は、 母親が水俣病の胎児性患者の娘を抱いて湯船に浸かっている写真だ。
痩せこけた体を反らして天を仰ぐ娘を母親が優しく見つめている。
 1971年に撮影された当時、母親に抱きかかえられていた智子さんは15歳だったが、その6年後、21歳で死亡する。
その後も公害問題に関して事あるごとにその写真は用いられ続ける。
現在、著作権を持っているアイリーン・美緒子さん(スミス未亡人)と写っている家族の希望「もうここらで、智子を休ませてあげたい」でオリジナルを公開できない作品となっている。

スミスはチッソが引き起こした水俣病の汚染の実態を写真に撮り、世界にその悲劇を伝えたが、代償として写真家として致命的なものを失った。
1972年1月、チッソ五井工場を訪問した際に、チッソが雇った暴力団員に暴行を受け、カメラを壊され脊椎を折られ片目失明の重症を負う。
1977年12月、脳溢血で倒れる。翌年奇跡的に回復し、セミナーを行うまでになったが、1978年10月15日にアメリカ、アリゾナ州のツーソンで致命的な発作を起こし死去。

それにしても不思議なのは、マグナムフォトのアーカイブを探しても彼の作品は一枚もアップされていないし、名前も残っていないのである。
[PR]
by kounoproclimb | 2008-06-01 20:45