<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

転生

a0032559_10165481.jpg
某雑誌の書評を見てこの本を知った。
黄金色のミイラが現世に蘇るというあらすじを聞いただけでも
荒唐無稽な展開はSF小説そのものである。
しかし、2007年に発表されたこの本はその後のチベット情勢をずばり予言しているようで
そら恐ろしい。
そういえば日本の小説界からSFというジャンルがなくなってしまって久しい。
SFと聞いただけで非現実的で内容がないと判断されてしまうからなのか?
(宮部みゆきの超能力者のシリーズなど完全に其のジャンルに入ると思うのですが・・・)

ストーリー(「BOOK」データベースより)
謎の死から十数年、チベット・タシルンポ寺院霊塔で、突如金色のミイラ、パンチェンラマ十世が甦った。中国政府に虐げられたチベット人民は救いを求めるが、肝心のラマは食べ物と女にうつつを抜かし、かつての高僧とは別人のよう。寺院の小僧・ロプサンは、何の因果かラマのインド亡命という危険な旅に付き合うはめになって…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
篠田 節子
1955年東京都生まれ。東京学芸大学卒。市役所勤務を経て、1990年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。テーマの大胆さとスケールの大きな物語性で注目を集める。1997年には『ゴサインタン―神の座』(双葉社)で山本周五郎賞を、『女たちのジハード』(集英社)で直木賞を連続受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


後半になって、パンチェンラマ一行が日本の某国営放送のTVクルーと遭遇するところが痛快である。
チベットに放棄された核汚染と中国当局の国家的陰謀を全世界に知らせて欲しいと叫ぶパンチェンラマと世界中を震撼させる大スクープを前に腰抜けになって自己保身にはしるディレクター
 
「俺たちがやってるのは報道じゃなくてだな、日本のお茶の間に、古き良き日本を彷彿とさせる貧しくとも美しい山村や、歴史ロマン溢れる草原と砂漠の風景を届けるのが目的・・」
「あんたはもう死んでるからいいけどさ、俺たちには日本での生活があるのよ。」

チベットに関する問題は凄く重いテーマなんだけどお茶目なミイラと全編にちりばめられたユーモアがこの作品を軽妙に仕上げている。
他にもこの作者の作品を何冊か読んでみた。
もっと骨太で本格的な作品がよければブータンを舞台にした『弥勒』がお勧めかもしれない。
[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-30 10:17

無題

a0032559_1142526.jpg

RICOH GRD F2.4 1/25秒
お客さんに頼まれて撮影した一枚・・・・・・・
クリスマスにバナナ・・・・・
(特に意味はないんですが、スタンドの出来映えがすばらしかったので)

昨日は今年最後のルートづくり・・・・・・
ルートエリアに4本、お客さんが増えてきたので、2階ボルダー波にカチとスローパーのトラバース課題を作りました。
ホールド一手一手は、そんなに悪くないのにパンプします。
現在33手までですがもう少しのばしたいなあ~
To be continnud・・・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-27 11:14

Happy Xmas

a0032559_0143068.jpg数あるクリスマスソングの中で僕が一番好きな曲です。
今年は特にこの曲がよくオンエアされるように思うのはやはり作況の社会情勢を反映してでしょうか?
ジョンがこの曲を発表(ベトナム戦争の終戦時につくられた)してから、37年
世界中から戦争はなくならないばかりかますます悪くなってきています・・・・・
ハッピークリスマスという曲名ながら、哀愁のあるメロディ、
子ども達のコーラスは悲しげでやりきれないし、
他のクリスマスソングとははっきりと一線を画していてメッセージ色の強い
ジョンらしい楽曲です。

ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)
ジョン・レノン  1971年

So this is Xmas
And what have you done
Another year over
And a new one just begun
And so this is Xmas
I hope you have fun
The near and the dear one
The old and the young

そう、今日はクリスマス
そして何をした?
一年が終わり
そして新しい年が今、始まった
そして今日はクリスマス
楽しんでるといいな
身近にいる人も敬愛する人も
老いた人も若い人も皆

A very Merry Xmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

心からメリー・クリスマス
そしてハッピー・ニュー・イヤー
願おうよ 良い年である事を
不安なんてない年をさ

And so this is Xmas
For weak and for strong
For rich and the poor ones
The world is so wrong
And so happy Xmas
For black and for white
For yellow and red ones
Let's stop all the fight

そして今日はクリスマス  (War is over)
弱い人も強い人も  (If you want it)
金持ちも貧しき人も  (War is over)
世界はとても間違ってる  (Now)
そして今日はクリスマス  (War is over)
黒人も白人も  (If you want it)
黄色人種も赤色人種も  (War is over)
やめようよ あらゆる争いを  (Now)

A very Merry Xmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

心からメリー・クリスマス
そしてハッピー・ニュー・イヤー
願おうよ 良い年である事を
不安なんてない年をさ

War is over
If you want it
War is over
Now

[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-25 23:30

炬燵牛

a0032559_23584318.jpg
今日は忘年会明けに年賀状の印刷です。
いつも、ぎりぎりになってどたばたです。

ところで、大阪店の年末年始の予定です。
2008年-2009年 年末年始の営業時間
12月28日 日曜日  までは通常営業となります。
12月29日 月曜日  営業時間 10:00-20:00
12月30日 火曜日  営業時間 10:00-20:00
12月31日 水曜日  正月休業
1月1日   木曜日  正月休業
1月2日   金曜日  営業時間 10:00-20:00
1月3日   土曜日  営業時間 10:00-20:00
1月4日   日曜日 以降は通常営業となります。
[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-24 00:07

committed VolumeⅡ

a0032559_12204057.jpg

最近、俄かに注目を集めているイギリス・トラッドクライミングの新作DVDです。
過激な映像で話題になった「Committed」の続編になるわけですが、内容は前作を凌いでいます。
PUMP オンラインショップに詳しい紹介があるので転載します。

人気DVDの続編入荷です。
とにかく『渋い』・『危険』で『クレイジー』
いまいちメジャーになりきらなかった、イギリスクライミング界。そんな中、彗星のごとく登場し、一気にイギリスクライミングをメジャーに押し上げたDVD「Hard Grit」・「E11」・「Hard XS」・「committed」
その血を、脈々と継いでいる「committed VOLUME II」が登場。

トータル110分のボリュームを、5つに分けています。

そのルートの危険度を表す、「E」グレード。
作品には脅威の「E12」が登場!!!JAMES PEANRSONが「committed」でプロジェクトにしていた「The Groove」をついに初登。見所は、ビスの頭ほどの極小ホールドと甘いカンテを保持しての次への1手。履いているシューズとか格好とかスタイルがとにかくかっこいい。Committedの名シーン(登る前のキス&ハグ)ももちろん収録。
さらに、初の「E12」ルート「The Walk of Life」の初登。約50mのスラブ?を、マイクロナッツなどを駆使して登っているすがたは、その場にいるかのような錯覚に陥り見ているだけで冷たい汗が背中に流れます。
Katy Whittaker&Pete Whittaker姉弟の過激なトラッドクライミング。ご存知、STEVE MCCLURE・DAVE MACLEODも出演しています。 
スリリングで魅力的なイギリスクライミングが、ぎっしり詰まっています。
他にもスペインのLimestoneの9aのスポーツルートやスコットランドのV15のBoulderingシーンも収録。
手に汗にぎるクライミングシーンばかりで常にハラハラ・ドキドキさせられる魅惑の1本です。


Hot Aches のトレーラーです
[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-20 12:21

RW14エンド

a0032559_11424133.jpg


今日は天気がよさそうなので早起きして、前回の千里川と反対の滑走路北端に朝陽を撮りに行くことにした。
今の時期なら日の出と始発機の離陸時間が重なっていい絵が撮れるかも・・・・・
日の出を待っている間は体が凍りつきそうに長く感じるが、太陽が顔を出すとあっという間です。結局今回もいいポイントを見つけられず、空振りに終わりました。

早朝の猪名川土手は霜が降りて風もあり、体感温度は氷点下を切っていました。
バッテリーはRAWで3枚連続で撮影するとストールしてしまい、二つを交替で温めながら使用・・・
EOS KISS DIGTAL、EOS KISS DIGTAL N
TAMRON 17-50mm F2.8、Planner50mm F1.4、EF80-200mm F2.8

新しいデジエヌ君ですが、画素数が増えただけでなく、表現力もアップしているように思います。

夕方はまた、千里川にいってこの間のリベンジをしてきました。
登攀工作員写真室へ もっと写真を見る

a0032559_1157393.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-20 12:06

千里川

a0032559_21272912.jpg


○○○マニアの聖地といわれる千里川に行ってきました。
新しいデジエヌの練習 第3弾です。車を遠くの駐車場に止めてかなり歩きました。
このポイントの近くは交通量も多く駐車禁止で、車上荒らし注意の看板があちこちにあります。
一度、車を離れると持ち主が当分戻ってこないのが分かっているので恰好の餌食のようです。
平日の夕方でも、聖地だけあっていい一眼レフカメラを持った人がちらほらおられました。

肝心の○○○の写真ですがまったくタイミングが合わず、ろくな作品が撮れなかったので
近いうちにリベンジしたいと思っています。嫁はバチバチ撮影してました。
抜かれるのは時間の問題のようです。

a0032559_19371719.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-16 21:27

Rock&Snow #042

a0032559_054221.jpg
最難というタイトルと表紙の写真を見てすぐに 《JUMBO LOVE》だと見当はついたがクライマーがクリスだとすぐには信じがたかった。
それほどこの写真で見ると身体を絞っている。

JUMBO LOVE 5.15Bはアメリカのクラーク・マウンテンにある。
ランディ・リービットが10年以上前から設定していた3ピッチのルートでクリスはこれにボルトを打ち足して壁の真ん中を抜ける最も長い一本のルート(80M)として完成させた。
KING LINESでも、彼はD.W.Sでも登れない長大なルートを登るためにロープを結ぶんだと語っていた。
ルートは長いだけで美しい。そのうえ内容が素晴らしければ何も言うことはない。

ところで今回の最難特集は7年ぶりだそうだ。
各国のお国柄を交えての高難度ルート分析はとても興味深かった。

目次
特集 最難 Hardest Climbs
ガルワール・ヒマラヤ ふたつのビッグクライム
 カランカ北壁初登攀 天野和明 
 カメット南東壁初登攀 平出和也、谷口けい
知られざるキルギスのビッグウォール
カラフシン アク・スウ谷 山野井泰史
ワスカラン北峰東壁 シルビア・ビダル 
瑞牆山大ヤスリ岩「大樹を登る」 中島 渉
極難壁 三崎海岸 小澤信太
Younger Than Yesterday レオ・ホールディング
「遠い山」 屋久島・障子ヶ岳 飯山健治
日本のスキーアルピニズム 三浦大介
第二特集トップクライマーに学ぶ 強くなるためのトレーニング法
Special Guide
USA 砂漠の岩旅 萩原浩司
OnSite01 平山ユージ、ノーズ最速登攀記録更新!
OnSite02 第3回ピオレドール・アジアに日本カランカ北壁隊
OnSite03 ウエリ・シュテックがアイガー北壁をフリー化
OnSite04 アジアユース選手権レポート
OnSite05 瑞牆山大ヤスリ岩、フリー初登攀
OnSite06 松島暁人。メメントをワンディアッセント
OnSite07 野口啓代、ワールドカップで総合優勝

[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-11 00:53

Beer Chocolat

a0032559_1350157.jpg

友人のブログで紹介されていたので買ってみました。

う、うまい~

黒ビールには目がなくて新製品を見つけると必ず飲んでいたのですが
これは別格ですね。
麦芽の香ばしさと濃厚な味わい、
限定醸造になっているのでもっと安ければたくさん買っておくのだけど・・・・・

僕も一番好きな黒○○○と言えばGUINNESS
でも、品質管理でこれだけ味の変わるビールもめずらしい。
以前、スペインのスーパーで買ったビンは中にラムネのようにビー玉が入っていた。
びっくりしたのと飲みにくいのとで味はよく憶えていない(笑)
やはり、一本が全部入るぐらいの大きいグラスに静かに注いでゆっくり待つ
というのが正統派らしい。
[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-09 13:50

Luminarie

a0032559_23204650.jpg
a0032559_23212390.jpg

5年~7年ぶりぐらいにLuminarieを見にいった。
先週の京都紅葉撮影に引き続き、新しいデジカメの練習です。
平日なので人が少なかったこともあるけど、会場までの長いアプローチや観賞ルートの交通規制もやり過ぎではないかと
思うぐらいものものしかった。
不況のせいでイルミネーションも昔とは比べるべくもない。
毎年の参加者は約500万人だそうでひとり100円寄付したとしてもこんなに大きなイベントを維持していくのは大変だ。
最初の阪神大震災復興という目的は充分果たせたのでそろそろ見直す時期に来ている。
私たちはあまりにも贅沢に電気を浪費しすぎてきた。

大体、なぜ一般家庭にまで電気が通った温かい便座が必要なのか?

エコ、エコといくら叫んでみてもそれがファッションで終わってしまってはいないか?
ガソリンの値段は以前のように下がってきたけど、車の交通量は明らかに少なくなった。
自動車産業はかなり打撃を受けているけど、これは痛みをともなう前進なのだと考えたい。

もっと写真をみる
[PR]
by kounoproclimb | 2008-12-08 23:21