<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コンパクトデジタルカメラの話

先日、ヨドバシカメラで最近話題になっているレンズ交換のできるコンパクトカメラの
カタログをもらってきた。
実はこれが2回目で前回はカタログもなければ実物の展示もなし、予約だけ受付中で
人気だけが先行しているなあという感じ・・・・・
しかし、せっかく手に入れたカタログだけどぱらぱらと見ただけで帰りのホームで捨ててきてしまった。
(関係者&ファンのかた、ごめんなさい。)

中には、一枚もサンプルの写真がなかったからだ。
「プロの撮影した作品例はHPを見てください」ということかも知れないが、僕は古い人間なので
印刷した作品がみたかったのだ。
昔、特にコンタックスのカタログはすばらしかった。
スペックに走るのではなく、こんな素敵な写真が撮れるのならこのカメラを買ってもいい。
そんな夢をひと時でも見させてくれるのがカメラのカタログだったのではないのか?
商品イメージの押し付けなら、車内吊りの広告だけで充分である。

話し変わって一昨日、リコーGRDの3代目が発表された。
僕は初代GRDのユーザーだけど、発売当時めまぐるしく新製品が発表される現代において、
最低2年間はモデルチェンジしませんというのが売り文句だった。
ファンが待ちに待った2代目と比べて、今回の3代目モデルチェンジはとても早かったような気がする(実際は1年7ヶ月、笑)

で、3代目になってどこが変わったのかといえばデザイン、CCDの大型化、手ぶれ補正など噂だった懸案はすべて見送られ、レンズがF2.4からF1.9に明るくなっただけ・・・・・
しかし、数値ではたった0.5だけしか変わらないけど、銀塩時代から受け継がれてきた銘玉のGRレンズに手をつけて基本設計から見直し画質の向上を目指したことに喝采を送りたい。

僕は写真とは、レンズで決まると思うからだ。

a0032559_14474961.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-29 13:25 | カメラ、写真

銀の船

a0032559_15325889.jpg梅雨も末期なのか?
天気予報を信じておとなしくしていると一滴も雨が降らず、
今日は大丈夫だろうと家を出て、5分でゲリラ的夕立にあう。
そんなうっとうしい毎日に嫌気が差し、
オイルランプを衝動買いしてみた。

ガスのランタンは明るいけど、毎回ほやが壊れてしまうのと、
カートリッジのリサイクルがどうも気になってしようがない。

オイルランタンは蝋燭に毛が生えた程度しか明るくないけど
何かほっとする暖かさを感じる。
銀色でぴかぴかの外装も使い込んでいくと味が出てきそうな気がする・・・






Gin No Fune

もっと光を・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-28 15:33 | その他

ディア・ドクター

今、日本映画が面白い。

西川美和監督の映画をみるのは2作目になる。
前作は「揺れる」
オダギリ・ジョーと香川照之の緊張感のある演技と原案、脚本、演出をひとりでこなす西川監督の手腕が絶妙にあいまって長編映画2本目の新人監督と思えない出来栄えだった。

さて、今回の作品は落語家の笑福亭鶴瓶をはじめての主役に迎えたことでマスコミの話題を呼び、
平日の単館ロードショーなのに満員御礼の人気でした。

山間部、住民のほとんどが高齢者の村、たった一人の医者が突然、失踪した。
物語は農村の高齢化、僻地医療、いろんな問題が複雑に絡み合いながら進んでいく。
突然、逃げ出した主人公を非難するでもなく、庇うわけでもなくユーモアを交えながら
話はどんどん進んでいく。
映画のサブタイトルは「その嘘は罪ですか?」だったけど、そんなに単純な話ではない。
かなり病気が悪そうな老婦人には、超ベテランの八千草薫、上手いと言うのを通り越して
艶っぽさすら感じる。
本物と偽者、嘘と真実、その間で揺れ続ける人間心理・・・・・
ここにいたって贅沢で尚且つ控えめな演技の豪華脇役陣の中で
鶴瓶だけが本物の役者ではないというキャステイングが伏線となって生きてくる。

ボクがもしサブタイトルをつけるなら、
「あなたは本物ですか?」
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-23 09:33 | その他

日食

a0032559_23591265.jpg

朝から、伊丹市立こども文化科学館に行くけど、自分で日食メガネが作れるというキットはもう品切れ、
牛乳パックで作ったピンホール日食観察箱は日差しが弱すぎて役に立たず、
結局肉眼で撮影しました。
日食メガネなしで見ることができたのは、雲に覆われた絶妙な天候のせいですが、やはりファインダーを見すぎたのか少し目が痛いです。仕事も遅れました。。(反省・・・・・・・)
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-22 23:59 | その他

PLAYERS

a0032559_10294713.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-15 10:29 | DVD

訃報

NEWSa0032559_10102761.jpg

右の写真はおそらく世界で一番名前がよく知られているボルダー課題「ミッドナイトライトニング」を登るジョン・バーカー
30年ほど前の本なので、かなり退色してしまっているが、当時ボクもこの写真に衝撃を受けた一人である。

すばらしいクライマーだとはわかっていても、ファンではない。
痛いほどのストイックさと過激な行動、それとかっこよすぎるからかもしれない。
同じ、ソロクライマーの故ダンオスマンとは、己の限界に対する線の引き方が決定的に違う。
それが、フリーソロの失敗という結果となってしまった。
彼らしいといえばそうかもしれないが、それではあまりに悲しすぎる。

故人のご冥福をお祈りします。
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-11 00:13

SCARPA

a0032559_22561912.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-10 22:56

ななげい

十三の第七芸術劇場でチベット映画の三本立てをやっていたので見にいく。
メインだった映画よりも、期待していなかった「風の馬」がよかった。
ユーチューブ予告編はココです。

a0032559_131351.jpga0032559_1313668.jpga0032559_1315329.jpg
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-09 01:32

早朝観蓮会

朝、5時に起きて万博記念公園に行って来た。
開園30分でもう象鼻杯(菊正宗提供)は終わっていた。
蓮池のまわりは人、人、人・・・・・・・
a0032559_929764.jpg


More
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-06 09:29

点の記

点の記とは三角点設定の記録である。
一等三角点の記、二等三角点の記、三等三角点の記の三種類がある。
三角点標石埋定の年月日及び人名、覘標建設の年月日及び人名、測量観測の年月日及び人名
の他、その三角点にいたる道順、人夫賃、宿泊設備、飲料水等の必要事項を集録したものであり、
明治21年以来の記録は永久保存資料として国土地理院に保管されている。
測量管柴崎芳太郎が明治40年の春から秋にかけて設定した三等三角点も現在の5万分の1地形図「立山」に全部入っている。
しかし、剣岳登頂に関しての公式記録はどこを探しても一切ない。
点の記は三等三角点までであって四等三角点の記録はないのである。
もし、剣岳だけは特別な山として、記録を残そうとしても規則によってそれは許されなかった。


「剣岳 点の記」を夫婦50割引で観てきた。
もうたくさんの方がブログなどで感想を書かれているので、あまり多くを語るまい。
今、2万5千分の1地形図を広げながら新田次郎氏の原作を読み返している。

思えば、17歳で山を始めてから北アルプスで最初に登った高い山は剣岳だったし、人一倍思い入れの深い僕にとっては、剣岳を題材にした映画ができたというだけで充分、満足だったのだ。
原作者の新田氏は昭和34年頃に測量隊の事を小説に書くことを勧められ、以後20年間構想を練り、書き上げた力作である。
木村監督は黒澤明に師事していたとはいえ、カメラマン出身の初メガホンでは、日本映画界を代表する豪華な俳優陣を使いこなす事は難しかったし、映像にそれほどこだわったのなら、史実や時代考証にももっとこだわりを見せて欲しかった。

とにかく映画をご覧になった方には、小説を読まれる事をお勧めします。
きっと、柴崎芳太郎の想いがきれいな映像とともに、脳裏に蘇ってくることでしょう。

a0032559_11213455.jpg


Memo
[PR]
by kounoproclimb | 2009-07-01 09:44 | その他