<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

19/100


a0032559_10253837.jpg

a0032559_9593097.jpg


More
[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-27 10:01

free fan #060

a0032559_13512133.jpg
[連載]
日本の岩場を斬る~新田ロン編
 ワイドクラックに誘われて。
日本のトラッド最後の砦、不動沢
[文:新田龍海 写真:井上大助、室井登喜男]
[アクセス問題レポート]
伊豆・城ヶ崎の存続について
  [文:室井登喜男 写真:保科雅則、杉野保]
[商品紹介]
トイレを携帯してみよう
  [文と写真:黒田誠]
[アクセス問題レポート]
奥多摩・御前岩解禁に向けて
  [文:室井登喜男 写真:井上大助]
[紀行]
 スコーミッシュと殿と蛇狩り日記
  [文と写真:榎戸雄一]
[クライミングの技術]
 ロープのハーネスへの二重結びについての検証
  [文と写真:室井登喜男]
[アクセス]
 アプローチ困難な岩場へのアクセス方法 [文:井上大助 イラスト:小川郁代]
[ローカルレポート 2009年4月~8月]  [構成:鈴木真史、阪井学、井上大助]
道場周辺の清掃活動報告  [文と写真:藤尾哲也]
愛知県・豊田エリアを訪れるクライマーの皆様へ  [文と写真:若林伸一郎]
四国・鳴滝エリアの駐車について  [文と写真:北岡和義]
インタビュー 豊田雄一氏  [聞き手と写真:鈴木真史 写真:豊田雄一、尾崎基文]
TCNet(高梁川流域クライミング交流会)  整備済みルート一覧
備中・権現谷エリアがクライミング自粛に
第5回備中の岩場清掃・草刈活動  [文と写真:北岡和義]
自然公園法と下帝釈峡の岩場について  [文:阪井学 写真:小野 岳]
御在所・藤内小屋復興支援レポート  [文:井上大助 写真提供:モンベル]
[アクセス]
瑞牆山・カンマンボロンでの伐採について  [文と写真:室井登喜男]
[資料]
国立公園について学ぼう  [構成:室井登喜男]
[TheThe Competition]
2009年度上半期 コンペレポート[文と写真:伊東秀和 写真:飯山健治、北山真]
[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-26 13:51

732高地

a0032559_134898.jpg
a0032559_13483570.jpg
a0032559_13485942.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-26 13:39

WRESTLER

何回も見過ごした映画が神戸の名画座で上映されていたので、見に行った。

あらすじ
1980年代に人気レスラーだったランディ・“ザ・ラム”・ロビンソン、二十数年経った現在はスーパーでアルバイトをしながら辛うじてプロレスを続けていた。
ある日、往年の名勝負と言われたジ・アヤトラー戦の20周年記念試合が決定する。
メジャー団体への復帰チャンスと意気揚がるランディだったが、長年のステロイド剤使用が祟り心臓発作を起こし倒れてしまう。
現役続行を断念したランディは、長年疎遠であった一人娘のステファニーとの関係を修復し、新しい人生を始める決意をするが…
しかし家族とはやはりうまくいかず彼女のキャシディにも振られ、孤独に打ちひしがれる中で、ランディは再びリングに上がる決意をする。
誰も避けることの出来ない老いと孤独、迫りくる死の影。
その足音を間近に感じながらも、自分がもっとも輝ける舞台に舞い戻ってゆく。


老眼鏡をかけて公衆電話の番号を押し、シャワーキャップのような衛生帽をかぶってお惣菜売り場に立つランディの姿は、リングで戦うラムに優るとも劣らぬ印象で観客の脳裡に焼き付けられる。
ミッキー・ロークの演技はアカデミー主演男優賞を受賞してもおかしくないほど素晴らしいものだ.

しかし、この映画はいろんな意味で痛い、痛すぎる。
ミッキー・ローク自身が、俳優業を中断してボクサー業に挑んだ過去をしらなくても、現実の彼とこの役が完全にオーバーラップしてリアルすぎる。。
僕が「ナインハーフ」でミッキー・ロークのファンになったのは、当時セックスシンボル的な二枚目俳優と
もてはやされながら、超が付くほど不器用な男の色気を感じてしまったからだ。
映画を見終わってから、やっと気がついた。
すごく、見たかったのではない。
ファンだから、彼の俳優としての最後を見届けなければならないと思い込んでいたのだと・・・・・


a0032559_0461491.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-23 00:11

PROGRESSION

a0032559_9322543.jpga0032559_9325136.jpg


























待望のクリス・シャーマのJUNBO LOVE(5.15B)完登編だ。
(ロック&スノーNO042号 特集最難)を参照のこと、
ジョシュ・ロウエルフィルムの映像も円熟の極みにある。
今回はクライミングビデオの原点に還って、とにかく下記のクライマーが登る登る。
怒涛の85分

・Tommy Caldwell
・Daniel Woods
・Adam Ondra
・Kevin Jorgeson
・Patxi Usobiaga
・Johanna Ernst
・Alex Honnold
・Paul Robinson
・Matt Segal

当然、今回もクリス・シャーマの映像は最初と最後にある。
何度、見ても圧巻だ。
[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-17 09:33 | DVD

GOLD

a0032559_23282715.jpg

僕と同い年のビールを見つけたので、買ってみた。
日本ではじめての缶ビールの復刻版だそうで若者が多く集まるコンビニ限定販売だそうだ。
当時は一本75円で発売され(現在の価値にすると1000円以上になる)どうやら、庶民の飲み物ではなかったようだ。
それにしても、クラシックラガーといい、現代のビールよりも昔の味の方がうまいような気がする。
最近、草食系というキーワードがやたら流行っているが、僕たちの食生活も腑抜けになっているのか?
いくらマイルドでも、気が抜けたビールはいただけないものだ。
[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-16 23:33

シラサ峠

a0032559_22525092.jpg瓶が森を登ってから、気を取り直してシラサ峠へ・・・・・
ここにはりっぱな山荘があってその下にキャンプ場があるはず・・・・・・・
しかし、ここにもキャンプ場入り口に張り紙が・・・・・

ここのキャンプ場も9月30日に閉鎖になっっていた。
偶然、山荘のご主人と会って事情を説明してもらったけど、非常に残念・・・・・

しらさ野営場管理委託契約の解約

2009年9月30日をもちまして、山荘しらさと嶺北森林管理署の間で結んでおりました、
「しらさ野営場委託管理契約」を解約いたしました。

 解約の理由
   ・契約書記載の内容が時代にそぐわない、また見直しに関しても現況では行う感じがない。
   ・委託料収入約10,000円に対し 水道設備の維持保全、敷地施設の清掃、
    受付業務等の経費約200,000円の自己負担が大きい
   ・トイレの汲み取り要請に対し、いの町に委託をしていることを理由に応じてくれないことなど
    縦割りの行政の仕組みに疑問を感じたこと

利用者のためと思いから3年半の期間、委託を受け管理を行ってきましたが上記の理由により
今回契約を解除することになりました。なにとぞご理解をお願致します。
今後のしらさ野営場の利用、問い合わせに関しては
   嶺北森林管理署
     TEL   088-776-2110
     HP  http://www.rinya.maff.go.jp/shikoku/reihoku/index.html

                                         山荘 しらさ


a0032559_23415100.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-15 22:53

瓶が森

a0032559_917335.jpg


伊予西条からR194で高知県へ、寒風山トンネルを抜けるとすぐに左折して、
九十九折の道を登ると旧寒風山トンネルの前から、瓶が森林道に入る。
石鎚山に登ろうと考えるまで、四国の屋根と呼ばれる稜線上にこんなきれいなスカイラインが通っていて
気軽に入山できるとは知らなかった。

More
[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-15 09:27

西へ~

a0032559_931467.jpg


紅葉の山歩き第2弾、四国の屋根を歩きに行きました。

More
[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-14 09:36 | 日本(国内ツアー)

2.5

a0032559_0271873.jpg

a0032559_041319.jpgワン、ツーと続けば普通スリーとくるんでしょうが2.5というのがユニークですね。
でも、タダのおまけではありません。
ⅠとⅡを持っている人ももう一度見てみたくなる特典映像満載です。

トレーラーはここです

Gianizumとは

(タイトルの由来は) GiaNizm = Gian + izm つまりジャイアン主義!お前のものはオレの物主義!まぁ、単なる自己中です。
でも、岩を目の前にすると(いや普段からオレノモノ主義?)登りたい!オレノモノにしたい!っていう気持ちになります。そんな思いから、GiaNizm(ジャイアニズム)という言葉を作りました。
今回、完成したDVD「GiaNizm」にはクライマー、製作に関わった人、一人ひとりのジャイアン魂がびっしり詰まっていると思います。

[PR]
by kounoproclimb | 2009-10-09 00:27 | DVD