<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

AVATAR

予告編も一度も見ず、何の予備知識もなく見に行きました。

映画が始まって10数分たって気がつきました。
これは宮崎監督へのオマージュなんだなと・・・・・
「風の谷のナウ シカ」に代表されるように自然と調和しながら平和に生きる先住民と、
高度に機械化され戦闘 的な侵略者の戦いは使いふるされた古典的なテーマです。

しかしこの映画の本当の魅力は宣伝されている3Dでも、完成されたCG技術でもなく
オリジナルの世界観にこそあります。
帰ってきてから、予告編を見てもそれを充分伝え切れているとは思えません。
やはり映画館に足を運ぶしかないのです。

ジェームズ・キャメロン監督の凄さと完成されたSF大作の楽しさを久々に思い出させてくれました。
全ての映画ファンにお勧めします。

a0032559_1045426.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-28 09:59

リニューアル

a0032559_954214.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-18 09:54 | 仕事

Q&A


ベストセラーになった本が映画化されて、観に行っても失望感を味わうことの方が圧倒的に多い。
だから、気になった作品は映画を見たら本は読まないか、原作だけ読んで映画は見に行かないことにしている。

作家の力量があればあるほど読者は独自の世界観を構築してしまうから、映画の出来がかなりよくても
違和感を感じてしまうからだ。
この本は嫁さんに勧められていたけど、そのまま忘れてしまっていて、悩んだ末映画を先に見た。
原作と映画では基本的な設定はいっしょだけど、中身はかなり違う。
でも、違和感は殆どないし両方とも素晴らしいと思える稀有な作品だ・・・・・

スラムドッグ$ミリオネア公式HP
a0032559_11144881.jpg

「BOOK」データベースより
学校にも通わなかった。
本も読まなかった。
でも確かに、ぼくは「答え」を知っていた。
クイズ番組でみごと全問正解し、史上最高額の賞金を勝ち取った少年ラム。警察は、孤児で教養のない少年が難問に答えられるはずがないと、インチキの容疑で逮捕する。
しかし、奇蹟には理由があった
殺人、強奪、幼児虐待……ずっと孤独に生きてきた少年が、インドの貧しい生活の中で死と隣あわせになって目にしてきたもの。
それは、偶然にもクイズの答えでもあり、ほかに選びようのなかった、たった一つの人生の答え。
幸運を呼ぶ1枚のコインだけを頼りに生きてきた孤児の、残酷だけれど優しさに満ちた物語。

[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-15 11:14 | 本,雑誌

新作

a0032559_1044494.jpg


Kriegの新作ですが、これはいったいなんでしょう?

答えは・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-14 10:46 | その他

Root

夏も終わろうとするある日、数十年来疎遠だった親戚から連絡があった。
「〇子おばさんが亡くなったよ」
僕がショックだったのは、初めて聞いた名前のうえに、40年前に亡くなった父の身寄りが最近まで
生きていたという事実だ。たった一人で身寄りもなく亡くなった叔母は僕のことを知らなかったのか、
知っていても会いたいと思わなかったのか、今となっては知る由もない。
不思議なことに、今まで父の家系にについて深く考えてみたことが一度もなかった。
それは母方の家系が江戸時代まで遡って、しっかり分かっている事や父について語ってくれる人が
もう身近にいないのが原因なのかもしれない・・・・・・
どちらにせよ、僕はかなり情に薄い人間なんだろう・・・・・・

叔母との血縁関係を証明する。
たったそれだけのことが大変だった。
物心ついてから、母が亡くなるまで9回の引越し、阪神大震災も経て現在まで17回、住む所が変わっている。
学業や仕事の関係で本籍を何回も移しているので、ひとつひとつ辿っていくしかないと役所にはいわれた。
僕の出生記録も半世紀経つとすでに保存されていない。

父の戸籍に辿るつくまで1ヶ月半かかった。
[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-13 23:25 | その他

Team5.10

a0032559_9143243.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-11 09:14

Caravan

a0032559_1049079.jpg昔、見そこねた映画を見に行ってきました。
場所は南森町にあるCHAKRAというお店です。

僕はよくわかっていなかったのですが、映画上映と同時にテンジン・ヌルブ絵画展も開かれていて
その素晴らしさに感動を覚えました。
テンジン氏は実質、映画「キャラバン」の原作ともいうべき、絵本を出版されていて、それが世界的に大きく評価され大谷映芳氏の主宰するE.W.Sの招待で初来日しました。

テンジン・ヌルブ絵画展

さてこの映画は『セブン・イヤーズ・イン・チベット』でユニット・ディレクターを務めたエリック・ヴァリが初監督。
セブン・イヤーズ~で表現し切れなかったヒマラヤの美しさを撮るために、15年間暖めていた夢を、総て素人の俳優、僅か15人のスタッフ、で創られた作品です。昨年、話題になったあの日本映画とどこやら似ていますが作品の質は全然違います。いろいろ評価は分かれるところですが、最後は大自然の尊厳に対するリスペクトでしょうか?

“キャラバン”とは動物のヤクを運搬手段にして通商するネパール高原民族の商隊のこと。このキャラバンが街での取引を終えて高原の村に戻ってきた。ただし、長老ティンレの息子だけが事故で命を落としてしまった。次のキャラバンの隊長は有能な若者カルマと思われたが、ティンレは彼を息子の仇と見ていて、まだ幼い孫のツェリンこそ後継者だと主張する。二人は対立したまま別々のキャラバンを率いて出発するが、一行の前に猛烈な嵐が襲いかかる……。第72回アカデミー外国語映画賞ノミネート。

a0032559_12411872.jpg【監督】Eric Valli エリック・ヴァリ
【製作】Christophe Barratier クリストフ・バラティエ、Jacques Perrin ジャック・ペラン
【脚本】
 Nathalie Azoulai ナタリー・アズーレ、
 Olivier Dazat オリヴィエ・デイザ、
 Louis Gardel ルイ・ガルデル、
 Jean-Claude Gullibaud ジャン=クロード・ギルボー
【撮影】Eric Guichard エリック・ギシャール、Jean-Paul Meurisse ジャン=ポール・ムリス
【音楽】Bruno Coulais ブリュノ・クーレ
【出演】
 ツェリン・ロンドゥップ(長老ティンレ役)、
 グルゴン・キャップ(カルマ役)、
 カルマ・デンジン・ニマ・ラマ(ティンレの次男 僧ノルブ役)、
 ラクパ・ツァムチョエ(未亡人でパサンの母ペマ役)
 カルマ・ワンギャル(ティンレの孫パサン(ツェリン)役)、
【製作国】フランス、ネパール、スイス、イギリス
【原題】HIMARAYA L'Enfance d'un chef
【上映時間】1時間48分
2000年作品

[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-09 10:49

Jyougasaki

伊豆・城ヶ崎エリア利用説明会のお知らせ

12月22日(火) 夜8時よりPUMP大阪店にて、説明会を行います。

僕のブログでは、これまで城ヶ崎の問題については、触れていませんでしたがJFAのHPや
freefanなどでご存知の方も多いと思います。
関西からは遠いエリアですが、正月にツアーを予定されている方や、
安全対策、国立公園利用、景観対策、ルールやマナーといったいろんなアクセス問題に興味のある方は
是非、この説明会にご参加下さい。
城ヶ崎エリアの利用を今後も存続させていくために、皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

内容(予定)
これまでの経緯の報告
問題点(安全対策、国立公園利用等)の説明
対応策(撤去したエリアや今後のクライミング方針等)
シーサイドエリアの利用について
下降、登り返しの技術的説明
その他注意点の説明
質疑応答
※ 時間的には40分~50分を予定しています。

※ 当日までに内容が変わる可能性もあります

※ 説明会への参加は無料ですが、同時にジムを利用するにあたっては、ジムの利用料が必要です


JFAのHP
伊豆・城ヶ崎エリア利用説明会のお知らせ

城ヶ崎海岸の岩場利用にあたって
[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-06 00:28

Rock&Snow #046

a0032559_1141387.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-05 11:41

Renaissaその後1

今日はリヤタイヤ交換、つるつるで扁平タイヤの様になっていたダンロップTT100から
ブリジストンBT45に・・・・・・
僕のバイクはスポークリムなので、バイアスタイヤしかつけられない。ほとんど、選択肢は無いに等しい。
当初、純正タイヤからダンロップのTT100に替えたときはそのクラシックなデザインとは
裏腹のグリップのよさに驚いたけど、減りの早さも半端じゃなかった。
純正の半分ぐらいの期間で(体感です)山が完全に無くなってつるつるになってしまう。
2回、ダンロップを履いて、4本目は定評のあるブリジストンへ・・・・・

ツーリングタイプだけど、デザインは今風、耐久性とコーナーリング時のグリップを両立させるために
センターとサイドのコンパウンドが変えてあるらしい。
サイドまで太い溝が切ってあってウエット性能も期待できそうだ。

a0032559_1613848.jpga0032559_16132587.jpg

追記
[PR]
by kounoproclimb | 2009-12-04 16:13