<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クライミング人気から見えるもの

こんな記事をある地方紙のサイトで見つけました。
長文ですが是非、読んでみてください。

クライミング人気から見えるもの:/1 アクセス問題 

 手足のみで壁や岩を登る「クライミング」は、国体への採用や室内ジムの普及で競技人口が急増し、人気の岩場には多くのクライマーが訪れる。
一方でマナーや事故などのトラブルも起きており、県内も例外ではない。
そこからは、新規参入スポーツのあり方だけでなく、「冒険」とどう向き合うのかという日本人全体が問われる課題も見えてくる。
 ◇神体の岩、人気スポットに 地元住民との摩擦で自粛
 山梨市西の住宅街にある大石神社。小高い山の上にある神社には、社名の由来になったとされる高さ12メートル、周囲68メートルの「神体石」をはじめ、多数の大きな花こう岩がそびえる。
 「大石さん」と地元の人が呼ぶ、これら境内の岩にクライマーが登り始めたのは8年以上前のことだ。
著名なクライマーが登ったことがきっかけで口コミで広まり、5年ほど前からボルダリング(命綱なしで約5メートル以下の岩を登る競技)の人気スポットになった。
 しかし、近くの農家の男性(80)は「県外ナンバーの車が何台も来た。
みんなで守ってきたご神体に、由来を知らない人が登ったりコケをはがしたりするのは許せない」と話す。
 こうしたクライマーと地元住民の摩擦は「アクセス問題」と呼ばれている。
 昨年11月下旬、大石神社でのアクセス問題は、地元クライマーを通じて日本フリークライミング協会(JFA)の知るところとなった。JFAからの連絡で、同市内でクライミングジムを経営する内藤聡さん(33)が地元区長に詳しい事情を聞いた。
 内藤さんによると、手に付ける滑り止めのチョークが岩に残って、「落書きされた」と思われたことや、岩のコケがはがれたことが反発を招いた。
JFAはルールの明確化やマナー向上の呼びかけで、事態打開を図ろうとしたが、住民の反発は根強く、結局は同神社でのクライミングの自粛を呼びかけることになった。
 内藤さんは言う。
「まだまだマイナーなスポーツで、受け入れられていないのが現状です。残念ですが、地道に理解を求めていくしかありません。山梨には国内有数の岩場があり、地域に根ざしたスポーツになれるはずなのですが……」
 クライミングの先進国、米国ではアクセス問題対策専門の団体が活動しており、1万人を超す会員が支援する。
JFAも05年度から問題解決のための予算を組んでいるが、たき火によるぼや騒ぎや、転落による死亡事故などをきっかけに、立ち入り禁止になる岩場は全国で後を絶たない。
 しかし一方で、かつてアクセス問題が起きながら、急激な競技人口増加をチャンスとして、クライミングを地域振興につなげようとする取り組みも県外では始まっている。
県境に近い東京都奥多摩町の岩場だ。

クライミング人気から見えるもの:/2 地域振興へ新エリア 
 ◇御前岩立ち入り禁止解けず 
地元に配慮、理解得られたが東京都奥多摩町に昨年4月に開業した民間の釣り施設「TOKYOトラウトカントリー」。
正面の切り立つ岩場は「御前(ごぜん)岩」と呼ばれ、22年も前にアクセス問題(地元住民との摩擦)からクライマーは立ち入り禁止となったままだ。
しかし、その近くの岩にボルダリング(命綱なしで約5メートル以下の岩を登る競技)用クライミングエリア「大沢ボルダー」があり、アクセス問題解決のモデルケースとして注目されている。
「釣り人だけでなく、クライマーや自転車愛好家が渓谷を満喫できるようなアウトドア拠点を作りたいと考えていました」と、渓流釣り関連の著書でも知られる総支配人の堀江渓愚さん(64)は話す。
クライミング経験はないが、近年のクライミング人気を見て、客の少ない冬季の収入源に人工壁を設置しようと考えていたという。
だが、日本フリークライミング協会(JFA)のメンバーが堀江さんを訪ねたことが転機となった。釣り施設内の天然の岩をクライマーに提供したらどうかと提案したのだ。
御前岩は80年代後半、人気のクライミングエリアだったが、用便やたき火の不始末などが問題化、地元住民の反発を招き、88年2月に立ち入り禁止となった。
「地元との友好関係に最大限配慮した結果、多くの方から理解を得られました」とJFA理事の室井登喜男さん(36)は語る。
クライマーからは岩の利用料と駐車料を徴収するが、駐車料の2割(100円)は地元・大沢自治会の自治会費に寄付することにし、行政や観光協会の協力も取り付けた。
堀江さんは「地域振興の手段の一つとしてこうした方法もあることを、地元の人にも知ってもらいたかった」と話す。
JFAの協力で清掃や「課題」と呼ばれる登攀(とうはん)ルートの地図なども作られ、新しいクライミングエリアは今年1月31日にオープンした。
町や観光協会も後援した当日の記念イベントには200人以上のクライマーが集まり、大沢自治会の会長があいさつに立った。
以後、週末には1日60人のクライマーが押し寄せる日もあるなど、人気は高まっている。
「冬の収入減をカバーでき、利益も出ている。天然の岩が観光資源になるという新しいモデルです」と堀江さんは言う。
近くに住む男性(77)も「今となってはクライマーへの反発はないよ。若い人が来てにぎやかだね」と話す。
ただ、御前岩の立ち入り禁止が解ける見通しは立っていない。
22年前の記憶は住民の一部に根強く残っている。
「一度失った信頼を回復するのはいかに困難かを思い知らされました」とJFAの室井さんは話す。
ただ、アクセス問題の背景には、マナーや事故以外の要素もあると指摘する人もいる。
「クライミングは日本人のメンタリティー(心情)に受け入れられにくい部分があります」と話すのは、世界第2の高峰・K2に新ルートから単独初登頂するなどの世界的業績で知られるクライマー、山野井泰史さん(44)だ。

クライミング人気から見えるもの:/3 冒険心少ない国民性 

 ◇無意味に見えても一生懸命 「危険なスポーツ」理解不十分
 「日本人は欧米人に比べると危険を気にしすぎる傾向がありますね」--東京都奥多摩町の自宅で、クライマーの山野井泰史さん(44)は、そう語った。
 山野井さんは酸素ボンベを使わずに頂上を目指す「アルパインスタイル」という方法で、ヒマラヤの高峰K2(標高8611メートル)などを新ルートから単独初登頂した。妻の妙子さん(54)も世界的なクライマーで、02年には夫婦でチベットのギャチュン・カン(同7952メートル)に挑んだ。
その時に雪崩に襲われて自身は手足の指10本を凍傷で失い、妙子さんも重傷を負ったが、その後も2人は旺盛な意欲でクライミングを続けている。
 そんな山野井さん自身も「日本人独特のメンタリティー(心情)がある」と言う。「山で風が吹くと『杉林が倒れるかも』なんてぴりぴりすることがある。
知らない人を見かければ誰だろうかと気になる。冒険心の少ない国民性なのです。だから、何か事故が起きればかかわりたくないと思うのは自然な心情です」
 山野井さんは「アクセス問題」(クライマーと地元住民の摩擦)の原因の大部分は、急激なクライマー増加とクライマー側のマナーにあると指摘する。
ただ、「危険なスポーツ」に対する理解が不十分なことも背景にあると考えている。
「楽しくてクライミングをやっているという事は分かってほしいですね」
 国内では山岳遭難が起きると、当事者以外から「世間に迷惑をかけた」という非難が起きることも少なくない。
 だが、友人の多くを山で失った山野井さんはこう考えている。
「友人が死ぬと悲しいけど、めちゃくちゃは悲しまない。彼らの行動を理解しているから。その感覚を分かってほしいとは言えないけれど、例えば近くの岩場で事故があっても『クライマーがけがしたんだって。ばかだね』という程度に受け止めてもらえれば」
 そして、こう続ける。
「少しは迷惑をかけるかもしれないが、人はお互い迷惑をかけながら、かかわり合っている存在。そのかかわりをただマイナスととらえないでほしい」
 妙子さんはこう言って笑った。
「無意味に見えることでも一生懸命やっている。それを理解してもらいたいけれど、本当に難しい。母でさえ分かってくれなくて、いまだに『ちゃんと就職しなさい』と言われます」
 さまざまな要素が絡み合って起きるアクセス問題に、クライマー側はどう対処するべきなのか。山野井さんはこう提案している。
 「まずは近所の人たちにあいさつをする。
そして、何が楽しいのか丁寧に説明して、少しずつ理解してもらうしかない。
10年、20年かけて考えるべき課題かもしれません」
 社会的な認知が進む欧米に比べ、日本では社会の側の受け皿が整わないままクライミング人口が増え続けているのが現状だ。
その数は10万人に達するとも言われる。こうした状況を法的な観点から読み解く専門家もいる。

クライミング人気から見えるもの:/4 遭難事故 

 ◇過失に厳しい日本社会 「権利」理解してもらう必要
 広島県三次市で開業する弁護士の溝手康史さん(54)は、93年にヒマラヤの高峰アクタシ(標高7016メートル)に初登頂するなど、クライマーとしても活躍しており、遭難事故と法律の関係を解説した「登山の法律学」(東京新聞出版局)も出版している。
 山岳遭難の時に起きがちな「迷惑だ」「自己責任なのに助ける必要があるのか」といった非難について、溝手さんはこう解説する。
「危険にひんした人を助けるのは国家の義務で、万国共通の理念。救助が出たから迷惑だという論理は法的には成り立たない。
事故は好ましいことではないが、冷静に考えるべきです」
 ただ、法律の世界にも「日本社会の価値観」は反映されていると溝手さんは言う。
「世界の中でも日本は過失に厳しい国ですね。例えば米国には過失犯を処罰する法律のない州もある。
しかし、日本では事故が起きると追及の矛先が当事者に集中する。寛容さが少ないとも言えます」
 日本人の冒険に対する評価も、欧米とは違うと溝手さんは指摘する。
「ヨットで太平洋の単独横断に成功した堀江謙一さんは出航時、国内では厳しく批判されたが、ゴールした米国では英雄視された。
日本より冒険やチャレンジ精神への評価が高いのです」
 一方、クライマーと地元住民の摩擦である「アクセス問題」については、別の観点も考えられるという。
 米国には、自然を国民共通の財産とする「公共信託」という考え方がある。
北欧や英国では、国民が自然を利用する権利(万民利用権)が認められ、私有地でも所有者は一定の制限を受ける。
 日本国内では、私有地でのクライミングは所有者が禁止すれば続けるのは難しい。
溝手さんは「競技の発展のためには、クライミングする『権利』を理解してもらう必要がある」と訴える。
 ただ、こうした考え方はまだ浸透していない。
 「競技としての社会的認知度が低いため、国民も寛容でない。
何かのきっかけや時間が必要です。まずは、クライマー個人がマナーを守り、地元の人に理解してもらう必要があるでしょう」
 人気の高まるクライミングだが、国内でも毎年死者が出ている。
日本フリークライミング協会は、「最悪の結果」を受け入れられない人は競技をしないよう呼びかけている。
 同協会理事の室井登喜男さん(36)=韮崎市=は「『危険なことはしない』のではなく、自身の選択のリスクを認識して取り組み、その結果は受け入れるという原則は、社会人なら誰もが持っていなくてはならないと思います」と話す。
 クライミング人気の普及は、新たな価値観を生み出す可能性を秘めているのかもしれない。

[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-31 15:58

春はまだか

a0032559_2144185.jpg


近くの公園で桜祭りの準備をしていたので、散歩がてら、出かけてみたが一分咲き・・・
それどころか、吹き付ける北風が霙まじりになり・・・・

撮った写真はどうみても真冬の光景ですよね~
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-29 21:44

赤い車 その後

赤い車になってから、一月半経ちました。
まだ、ブレーキペダルの位置に違和感があり、タイミングがあいません。
エンジンは1500CCとは思えないほど、トルクフルで登坂車線でも、しっかり粘ってくれます。
もともとたくさん荷物を積んで運ぶ車なので、足回りはしっかりしているはずです。
しかし、交差点などの低速でハンドルを目いっぱい切ったときの挙動はすごく不安定・・・・・
そら、前の車のようなハンドリングは最初から期待していないけど、ハンドルをしっかり握っていないと
どこにとんでいくか分からないような不安感はいただけません。

5ナンバークラス最高の積載量を誇り、それにもかかわらず普通のコンパクトカーとほとんど変わらない車重・・・・ 
つまり図体はでかいけど車体剛性がなさすぎると考えました。
たまたまオートバックスで中古のストラットタワーバーを見つけてさっそく付けてみました。
嘘のように、コーナーリング時の挙動の不安定感は消え、高速走行時の安定感も格段に増した。
スポーツカー用によく売られているけど、むしろコストをおさえたぎりぎりの低価格車にこそ必要な装備なのかもしれない。

燃費は市街地10~12km、高速14~16km だいたい予想どうり・・・・

車内写真公開・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-28 19:05

Eiger Notrh Face

a0032559_11274149.jpg

雨の中、梅田まで見に行きました。
平日の朝一番なのに、お客さんはいっぱいでした。
日本人はやはり、アイガーという山が好きなんでしょうね。
僕は若い頃、ハインリヒ・ハラーの「白い蜘蛛」を読みましたが、登攀史の詳細はすっかり忘れていました。
ですから、映画の中身については、ほとんど白紙状態だったのです。

映画の出来が素晴らしかったのは当然なのですが、娯楽大作の山岳シーンなどによくある演出の不自然さや、クライミングに対する偏見はいっさいありません。
たぶん、時代考証も完璧でしょうから、完全にドラマの中にに入り込めて、正真正銘の手に汗握る臨場感を味わえました。(最後は食傷気味でした・・・・・)一緒に行った嫁さんにはあまりにもリアルすぎたようです。

映画を見ているときは史実に忠実に作られている重みと映像に圧倒されて、ショックを受けましたが
一日経ってみて時代背景と監督が本当に伝えたかったことが、じわじわ分かってきました。

本当にいい映画ですね。
山やクライミングを知らない若い人たちにもたくさんみてほしいです。


アイガー (Eiger) は、ベルニーズアルプスの一峰でスイスを代表する山。ユングフラウ、メンヒと並び、いわゆるオーバーランド三山の一つ。標高、3,975 m。アイガー北壁は、高さ1800mの岩壁で、グランドジョラスのウォーカー側稜(ウォーカーバットレス・北壁)、マッターホルン北壁とともに困難な三大ルートの一つとして知られ、三大北壁と呼ばれている。

アイガー北壁の登頂歴
1935年8月21日 マックス・ゼドゥルマイヤーとカール・メーリンガーが史上初のアイガー北壁挑戦を試みるも、第2雪田と第3雪田の間で遺体で発見される。それ以降、この場所は「死のビバーク」と呼ばれるようになった。
1936年、ドイツのアンドレアス・ヒンターシュトイサーとトニー・クルツ、オーストリアのエディー・ライナーとヴィリー・アンゲラーが挑み、死のビバークの先の難しいトラバース(ヒンターシュトイサー・トラバース)に成功、しかしザイルを回収してしまったことが仇となって悪天候とアンゲラーの負傷の際に退却できず、何とか脱出を試みるもクルツを除く3人が墜落などで相次いで死亡、クルツも救助隊の元にザイルで下りる際にカラビナにザイルの結び目が引っかかるという悪夢にみまわれ、体力を消耗していたために結び目を外すことが出来ずザイルにぶら下がったまま、「もうダメだ」の一言を残してわずか数m上で力尽きた。
1938年7月24日 アンデレル・ヘックマイヤー、ルートヴィヒ・フェルク(ドイツ人隊) ハインリッヒ・ハラー 、フリッツ・カスパレク(オーストリア人隊)がアイガー北壁初登頂。両隊は登頂開始時は別々のパーティだったが、後から登頂に挑んだドイツ人隊がオーストリア隊に追いついた時点で同一パーティを組み、初登頂に成功した。
1963年 芳野満彦らが日本で初めてアイガー北壁に挑む
1965年8月16日 高田光政が日本人初登頂
登頂まであと300mと言うところでパートナーの渡部恒明が墜落・負傷したため救助を求める際に山頂を経由した際に達成、しかし渡部はその間に謎の墜死を遂げた。一説には骨折の痛みと孤独に耐えきれずに自らザイルを解いたとも言われている。これをもとに新田次郎は「アイガー北壁」という小説を書いている。
1969年8月15日 加藤滝男・今井通子・加藤保男・根岸知・天野博文・久保進(夏期世界初直登)
冬期直登ルートが夏場通れないため、「赤い壁」を経由、現在でも最短直登ルートとして名が残っている。加藤滝男が山頂直下でザイル無しで墜落したが運良く固定ザイルに引っかかって九死に一生を得た。
1970年1月27日 森田勝・岡部勝・羽鳥祐治・小宮山哲夫(アイガー北壁冬季日本人初登頂)
1977年3月9日 長谷川恒男 (アイガー北壁冬季単独初登頂)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-24 11:35

植田正治写真美術館

a0032559_181311100.jpg


夜半から、天気は大きく崩れて荒れ模様、黄砂を含んだ強風で、車は砂だらけになった。
雨は明け方止んだので、行けば必ず登れると分かっていたけど、前から行きたかった美術館が
あったので、早々にオフと決めて、下道を米子へと走る。

美術館の周りは田んぼと林ばかり・・・・・
しかし、これには理由がある。
実は美術館の建物は、大きなカメラになっていて、特注の世界最大のレンズで逆さになった
伯耆富士(大山)がうつしだされるのだ。

植田正治
写真界の巨匠・植田正治は、世界で最も注目された日本人写真家です。
生地(鳥取県境港市)を離れず、山陰の空・地平線・そして砂丘を背景として、被写体をまるでオブジェのように配置した植田正治の演出写真は、写真誕生の地フランスで日本語表記そのままにUeda-cho(植田調)という言葉で広く紹介されています。
もちろん、植田正治の作品はこのような作品ばかりではありません。70年近くに及ぶ作業活動を通して、我々に常に斬新で多彩なイメージを掲示しています。
アマチュア精神を抱き続けた偉大な写真家の軌跡は、まるで日本の写真史そのもののようでもあります。


植田正治写真美術館

More
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-23 18:14 | カメラ、写真

Limestone

石灰岩の岩場に登りに来るのは、いったい何年ぶりだろう?
友人に新しい岩場のアプローチをメールで教えてもらって、ドキドキしながら林道を歩くこと10分・・・・
クライミングを始めて〇十年、初めて岩場を見上げるこの瞬間がいつでも一番楽しい。

a0032559_1821672.jpg


More
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-23 18:02

豚が嗤う

a0032559_11332559.jpg
タイトルにぐっと惹かれた。
すごく見てみたいと思ったわけではない。

鯨や海豚などの日本バッシングに対する反発でもない。
私たちだって、中国からの食品輸入がなければ生きていけないのが解っているのに、
ただ感情的に不買運動を叫んだりしている。
ただここから避けて通ってはいけないという思いかもしれない。

<飯島 望美展>
作者は、牛小屋と豚小屋に挟まれた家で、鳴き声やいびきを聞き、飼料や糞尿のにおいを感じながら生きてきた。作者の両親は毎日この牛小屋と豚小屋で働き、牛に蹴られてよく怪我をしていた。
小学生の頃、同級生たちが授業の一環として、作者の家に見学に来た。ひとりの子が「かわいそう」と言った。作者少し傷ついた。作者も感じていたことだったからである。「じゃあ、あなたは牛乳飲まないの? お肉は食べないの?」と返すだけでは、作者の心の中の小さな痛みへの解答にはならない。
それから作者は、ずっと考えた。
しかし作者は、同時に両親が牛を可愛がっているところも見てきた。作者は子牛が産まれるとうれしくて、ブラッシングしたり、ミルクをあげたりしたが、名前はつけなかった。ペットとは違うと解っていたからである。1ヶ月後には別れがくる。泣きもせず、ただ別れるだけ。彼らがこれからおいしい肉になるため、別の農場で育てられていく。ひどい生活を牛や豚にさせていることも、作者にはわかっていた。
作者はとても矛盾していると思う。自分たちの欲望のため、積み重ねられた膨大な時間、たくさんの血、汗、命、寂しさ。何もいわずに、ただひっそりと佇んでいるのを感じながら、矛盾した痛みは固まって、小石のように転がったり、つかえたりする。

[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-16 11:34 | その他

ホールド大全

a0032559_944534.jpga0032559_9451555.jpga0032559_9443981.jpg










a0032559_946487.jpga0032559_947110.jpga0032559_9463485.jpg










コンペが終わって、1週間ようやくボルダーエリアにもいっぱいホールドがつきました。
ところで、今号のロクスノにも、紹介されていたAixホールド(チェコ)、さりげなくあちこちに使われています。
フリクションがとてもいいので、WCなどにもよく使われているそうですね。
平松幸祐氏作(国際ルートセッター)の一階のニュールートにも贅沢に使われています。
興味のある人はスタッフに聞いてください。
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-11 09:45

Rock&Snow #047

a0032559_1335331.jpg今号も読み応え充分でした。
残念だったのは、この雑誌の発行と入れ違いに、湯河原幕岩の正面壁が入山禁止のニュースが入ってきたことです。
極難壁の後に続く新連載にいきなり土が付いてしまいました。
 
松島暁人の「5.12Aでは落ちられない」
第1回 スパイーダーマン

詳細はJFAのHPで・・・・

目次
特集「最強クライマーは誰だ!」
 今、世界の注目を集める7人
 気になる世界のアルパインクライマー7人
 巨漢メキシカンレスラーとの闘い
 2010ホールド大全

「エベレスト街道を見下ろす至高のライン 」タウチェ北壁初登
「近くて遠い頂 」ガウリサンカール東壁

ルートセッターVSコンペティターによる座談会「コンペを語る」

大沢ボルダー公開セッション
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-08 12:57

Stonemasters

a0032559_1033289.jpg

パタゴニアの春のカタログは、ジョン・ロングが写真集「The Stone Masters」を出版した記念に、1970年代の古きよき時代の特集です。
ロン・コーク、リン・ヒル、そしてあの人 J・バーカーの姿も・・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2010-03-06 10:01