<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか

a0032559_1410688.jpg
あの事故がおきてから、あっという間に一年が経ちました。
3月27日に神戸の登山研修所で行われた「トムラウシ遭難を考える」シンポジウムには残念ながら仕事で参加できなかったのでこの本の発刊を心待ちにしていたのです。
僅か一年で、発刊までこぎつけられたのも、単なるツアー会社が引き起こしたガイド付き登山というだけでなく、登山界全体の問題と捉えている出版社の危機意識でしょう。
本書は4人の専門家による共著でどこからでも読み始められます。
生存したガイドさんの一年を経て初めてのインタビューも圧巻です。
リスクマネジメントという観点からだけでも、是非いろんな方に読んでいただきたいです。


トムラウシ山遭難事故とは、2009年7月16日早朝から夕方にかけて北海道大雪山系トムラウシ山が悪天候に見舞われ、ツアーガイドを含む登山者9名が低体温症で死亡した事故である。夏山の遭難事故としては近年まれにみる数の死者を出した惨事となった。
同ツアーは旅行代理店アミューズトラベル社(本社:東京都千代田区)が主催したもので、トムラウシ山や旭岳などを2泊3日で縦走する予定であり、50~60代の客15人(男性5人(A、B、C、D、E)、女性10人(a、b、c、d、e、f、g、h、i、j))とガイド甲(ガイドリーダー)、乙(サブガイド)、丙(添乗員)の3人が参加していた。ガイドのうち甲、丙の2人は今回のコースは初めてだったという。





目次
第1章 大量遭難
     十五人の参加者と三人のガイド
     ツアー初日
     差が出た濡れ対策
     出発の判断
     異変の兆候
     足並みの乱れ
     一気に進んだ低体温症
     介抱か下山か
     決死の下山
     遅すぎた救助要請
     喜びのない生還

第2章 証言
     面識のなかった三人のガイド
     なぜ出発を強行したのか
     聞けなかった「引き返そう」のひとこと
     支えてくれた人たちのありがたさ

第3章 気象遭難
     遭難時の気象概況
     トムラウシ山周辺の気象状況
     遭難時の気象の特異性
     気象から見たトムラウシ山遭難の問題点

第4章 低体温症
     低体温症との接点
     低体温症の基礎
     トムラウシ山パーティの低体温症
     他パーティの低体温症
     低体温症の医学的考察
     多様な病態を示す低体温症

第5章 運動生理学
     気象的な問題
     身体特性の問題
     体力の問題
     エネルギーの消費量と摂取量
     事故防止に向けた提言

第6章 ツアー登山
     ツアー会社は山のリスクを認識していたか
     安全配慮義務と旅程保証義務
     ガイドの資格問題
     商品に反映されるツアー客のレベル
     それでもツアー登山に参加するワケ
     ツアー登山と自己責任

[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-30 14:22 | 本,雑誌

異常振動ー赤い車特別編ー

一週間のツアーも終わり、帰宅途中にまたもや車のトラブル・・・・
もう毎日恒例になったスコールの洗礼を浴びて、ゆっくり中央道を走っているとだんだん異常な車体のブレを感じるようになった。
その後名神高速に入り、80キロ走行でもはっきり症状が出続けるので、SAでタイヤの空気圧点検(GSのお兄さんは忙しそうだったので、自分でやりました)
トラックに煽られながら、70Km以下でなんとか自宅に到着。
そういえば2006年の瑞牆ツアーの時も落石にヒットして応急処置でマフラーをぶらぶらさせながら帰ったことを思い出しました。

続きを読む
[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-29 22:34 | 日本(国内ツアー)

小川山2010

a0032559_11551151.jpg


毎年、小川山の夏季アウトドアスクールはお盆の前に行っていたのですが、年々梅雨明けが遅れて不安定な天気が続くので、今年はお盆明けの週末にくんでみました。
これが見事に的中し講習期間中、一滴も雨が降らず好天に恵まれましたが、みんなが帰ってしまったとたんにいつもの小川山に逆戻り・・・・・
うーん、結局晴れ男&女はいったい誰だったんだろう?
[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-28 11:59 | 日本(国内ツアー)

桃屋的熱烈激闘祭

a0032559_21115331.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-25 21:10

Wall Master 2010

a0032559_225013.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-08 22:50 | コンペティション

MM9

僕は少年時代、ウルトラマン世代だった。
それもど真ん中だ。

でも、毎週続けてみているといろんな疑問が湧いてくる。
「何故、広い宇宙から地球の・・・そしてまた日本にばかり怪獣がやってくるのだろう?」
他にも
「同じ宇宙人どうしなのに、何故地球人のために戦ってばかりいるんだろう?」

a0032559_19401470.jpgその答えはいろんな形で用意され、しかし心の中には、日常的に怪獣がやってくる社会が当たり前のような非現実的な錯覚と、何でも最後にはスーパーヒーローが出てきて解決してしまう番組に強い違和感とギャップを感じてしまいながら大人になってしまった。

数年前、石破茂防衛相が記者会見で、「もし日本にゴジラがやってきたら、天変地異のたぐいだから災害派遣になる。モスラも大体同様だ」と発言したと報じられた。

そして台風や地震と同じように自然災害だから、その怪獣の観測や進路予測は気象庁の管轄であるはずなのだ。

この作品は怪獣が頻繁にやってきていたもうひとつの日本、パラレルワールドなのである。

気象庁特異生物対策部

彼らはスーパーヒーローではなく、ちょっと変わっているけど、普通の公務員である。
ただ日常的に観測し、対策を練っているのが怪獣というだけなのである。

今回、遅ればせながら、深夜にドラマ化されているのを知って慌てて原作を読んでみた。
原作は5話、ドラマは全13話、登場人物は一緒だけど微妙にプロットが違う。
これももうひとつのパラレルワールドなのか?

MM9 TV版

気象庁の過去のデータには、昔上陸した怪獣たちの資料が総て残っている。
これは円谷プロへのオマージュであるとともに、日本SF界の遺産だ。
原作には、テレビで映像化できない*内容も多いけど、是非頑張って欲しいと思う。

*ネタバレになるので詳しく書けないけど、人間型の怪獣が出てくる。幼女。当然、服は着ていない。
[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-06 19:39

8.10tue-8.19thu

a0032559_1133569.jpg


今年もあります。

ポスターになっている写真は「テヘランの建物の屋上からイランの現体制への抗議の言葉を叫ぶ女性」
この大賞作品を選考するにあたって、かなり白熱した議論が交わされたそうです。
説明がないとぱっと見て分からない写真が大賞作品としてふさわしいのかどうか?
現代はその気になれば、携帯でも写真は撮れます。一昔前まで、報道写真といえば、ブレたり、ピントが甘かったり、高感度で粒子が粗かったりするのが当たり前でした。
いまやデジタルカメラの進化で、飛躍的にクオリティは向上し、しかし受賞者の大半は今でもフイルムカメラにこだわっています。

是非、ネットや印刷物だけでなく、会場に足を運んで本物を見てください。
[PR]
by kounoproclimb | 2010-08-03 11:13