<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界報道写真展2012

a0032559_1054923.jpg


今年も真夏恒例の写真展に行ってきました。
大賞を取った作品は一見して、宗教画のピエタを彷彿とさせる構図、いやそれ以上の力強さを感じました。

*大賞作品
中東のイエメンで反体制デモの最中に催涙弾で傷ついた息子を抱きかかえる女性(サムエル・アランダ)

ミケランジェロ(1475年 - 1564年)は「ピエタ」(Pietà 、慈悲などの意)を題材とする彫刻を生涯に4体制作している。ピエタは聖母子像の一種であり、磔刑に処されたのちに十字架から降ろされたイエス・キリストと、その亡骸を腕に抱く聖母マリアをモチーフとする宗教画や彫刻などのことである。
[PR]
by kounoproclimb | 2012-08-15 10:55

PIECE OF PEACE

a0032559_1627622.jpg小学生の頃、ちょっと裕福な友だちの家に遊びにいけば、必ずおもちゃの中にこれがあったような気がする。
誰でも、出来そうでいて作り始めると意外に難しい。
子供心にも、こんなのにはまるととんでもないことになるとすぐに気がついた。
この作品展もちょっと覘いてみようと立寄ったのにかなりの時間、楽しませてもらった。
写真を自由に撮らせてくれるのもいい。
子供は無料なのに、少なかったのは何故なんだろう。(大人300円 小学生100円 子供無料)

興味を持ったのは先日、観たTVでレゴ社公認のビルダーは 世界中でも十数人しかいないと知ったから・・・・・
残念ながら今回の世界遺産展Part2ではテレビでみた三井さんの作品はなかった。
興味のある人は「レゴ 三井」で検索を・・6.6Mの戦艦大和は圧巻ですよ。

主催者のHPPIECE OF PEACE

ピラミッド、自由の女神、サグラダファミリア、万里の長城、そして厳島神社・・・世界中にある数々の“世界遺産”をレゴブロックで再現したチャリティーアート展「PIECE OF PEACE 『レゴ(C)』で作った世界遺産展 PART-2」が、大阪市の堂島リバーフォーラムで開催されている。8月26日まで。
2003年10月から07年9月まで日本全国13ヶ所で開催されたPART-1に続く第2弾。レゴ社が認定するさまざまなレゴブロックの作品を組み立てる“レゴビルダー”が手がけた世界20カ国、26件もの世界遺産の作品が並ぶ。a0032559_16231394.jpg
まず、”LOVE ASIA” として、日本をはじめとしたアジアにある世界遺産のレゴブロックを展示。日本の「金閣寺」「白川郷」「厳島神社」をはじめ、カンボジアの「アンコール」、インドの「タージ・マハル」、ネパールの「カトマンズの谷」など。とても細かい部分までレゴブロックで忠実に再現されていて、ぐっと近寄って見てみるといかに上手に仕上がっているのがよくわかる。
また、“LOVE EARTH”のコーナーでは、その他の世界にある有名な世界遺産をレゴブロックで再現。今年のオリンピック開催地、イギリス・ロンドンの「ウェストミンスター寺院」、ギリシャ・アテネの「アクロポリス」、イタリアの「ピサの斜塔」、チリの「モアイ像」、ペルーの「マチュ・ピチュ」などがあり、1つ1つの作品をじっくり見るほどにその完成度の高さが感じられた。
たとえば、スペイン・バルセロナの「サグラダファミリア」では、25000ピースのレゴブロックが使われ、制作に25日かかったという。
さらに、“LOVE PEOPLE”という国内外で話題のアーティストたちによるメッセージアートのコーナーもある。中には、リリー・フランキーさんや土屋アンナさんら有名人による作品もあって必見だ。
一方、大阪での特別企画として、来場者が白いレゴブロックで思い思いに“水辺の生き物たち”を作って展示していく「水の都・大阪の水辺を、みんなでつくろう!」もあり、誰でも参加できる(時間ごとに制限人数あり)
レゴブロックのファンはもちろん、子どもからおとなまで誰もが楽しめるアート展。まるであちこちの世界遺産をめぐる“旅気分”も味わえてオススメだ。



その他の写真、登攀工作員写真室にアップしました。
[PR]
by kounoproclimb | 2012-08-13 15:29