<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

T.J.A.R

a0032559_13191894.jpg2012年の10月にNHKで放映されて大反響をよんで以来、かなり有名になったトランス・ジャパン・アルプス・レースが今年もまたやってくる。
昨年、放映が書籍化されてから購入希望を出していて、やっと手元に届いた。
トレランに興味のある方は知っている方も多いと思いますが、この日本一過酷なレースの詳細は T.J.A.RのHPで調べてほしい。
僕が初めて長距離登山に目覚めたのは、皆さんご存知の「六甲全山縦走」だ。
16歳の時に、18時間ぐらいかけてやっと完走し、真夜中に帰宅すると病弱だった母が、お膳の上に乗り切れないほどの御馳走を作って起きて待っていてくれた。
それ以来、何度となくこのコースを歩いているけど、記録はぱっとしない。

大人になって、ほとんど休みの取れない職場で働くようになって、下嶋渓さんの名著「ランニング登山」に出会う。
実は中身はほとんど覚えていない。
トレランなんて言葉はまだない時代、こんな登山スタイルがあるんだとガーンと頭をうたれた。
日曜日一日しか休みが取れなかった僕は土曜の夜行列車で信州に行き、日曜の夜行列車で大阪に帰るという強行軍をお金の続く限り、繰り返した。
それを止めてしまったのは、お金でも、体力でもなくたまらないほどの孤独だった。
山岳会にいたのに仲間も理解者もいず、あまりにもこういう登山形態の情報がなさすぎた。
時代が味方しなかったといってしまえばそれまでだけど、完走者たちのインタビューを聞いていると支えてくれたのは家族だったと口を揃えて言う。

僕はいま膝が悪くなってしまって、家から駅まで歩くのも気が重い。
しかし数年前から夫婦で3000m級の登山を実践していて、北アルプスの名峰を少しずつ登ってきた。
僕たちのささやかな夢はいつか、余裕を持って剣岳に登頂することだ。
(トップクラスの選手は早月尾根を3時間で駆け上がるそうだ。)

内容紹介

2012年8月に開催され、10月に『NHKスペシャル』で放送された、日本一過酷な山岳レース「トランスジャパンアルプスレース」。酸素の薄い3,000mを超える山々を驚異的なスピードで駆け抜け、風速毎秒20mの暴風雨の中を黙々と進む参加ランナーの姿は、マラソンファン、登山ファンだけでなく、多くの日本国民に衝撃を与えた。その圧倒的な反響を受け、待望の書籍化! テレビでは見られなかった秘蔵エピソードや追加取材を加えてレースの全貌を描き、そして「ランナーたちはなぜこのレースに挑むのか?」に迫る驚愕のノンフィクション。
「トランスジャパンアルプスレース」とは?
・行程/富山湾→(北・中央・南)アルプス縦断→駿河湾
・距離/415km
・リミット/8日間以内
・累積標高差/27,000m(富士山登山7回分)
・宿泊先/山小屋は不可。ツェルト(簡易テント)持参
・幻覚、幻聴/ほとんどの選手が体験
・死亡保障のついた山岳保険加入を推奨
・参加選手/男女合わせて28名(2012年大会)
・賞金、賞品/一切なし


[PR]
by kounoproclimb | 2014-01-31 13:19

譲ります

また、パンツねたです。
今回は、年末オートバイを手放したので、オフロード用のパンツを貰っていただける方がいれば
差し上げます。

ダイネーゼ(イタリア製) 頑丈なナイロン製 たぶんM76~78CMぐらい
僕は普通のズボンのうえから、オーバーズボンとして、着用していました。
ブーツをはくのを前提としているので、丈は絞ってあって短めです。
お尻にテープの糊のような白い汚れがある以外はきれいです。

大切にしてくれる方に送料着払いでお譲りします。
欲しい方は連絡先を鍵コメでお願いします。
a0032559_13595090.jpg
a0032559_14037.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-01-06 14:00

秘密兵器

a0032559_13455934.jpg
正月ツアーは大堂海岸へ行ってきました。
今回の秘密兵器はコレ・・・・

ここの花崗岩はすごく粒子が荒くてがびがび、ちょっと手が触れただけで血が滲むほど・・・
当然、着ている服やシューズもその洗礼をもろに受けるわけで、ツアーが終わるころには
いろんなものがズタボロになってしまう。

そこで着古してあちこち穴のあいたP社のクライミングパンツに再登場いただいた。
このパンツはもともと膝とお尻が補強してあるのですが、それでも擦り切れてしまって放置していたのだ。
うえから、別の布を縫いつけようとしたが、元の生地がへたっているので接着剤で張り合わせた。
ごわごわして着心地は良くないが1週間使用しても、全然平気で大丈夫・・・・
岩に擦りつけてもフリクションもあって、痛くない。
次回はオフウィズスで是非ためしてみたいと思う。

ただ嫁さんと周囲の評価はすこぶる悪かった。
どうやら今のおしゃれなクライマーには、こんなスタイルは受け入れられないようだ。
[PR]
by kounoproclimb | 2014-01-06 13:46