<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Rodellar 2014 Vol.7 Others

その他の岩場紹介
Delfinの左側 易しい6台と8クラスが共存しているのが面白い。
a0032559_13233862.jpg
a0032559_1324176.jpg


a0032559_13283991.jpg


Delfinのアーチを川に降りて反対側から、見上げたところ。
この日はレースがあったのか、ゼッケンをつけたトレランの人たちもちらほら見かけた。

a0032559_13322239.jpg


Surgencia ここもでかい。40m以上のルートがたくさんある。

a0032559_13342266.jpg


Bikini どこか日本の岩っぽい!

a0032559_13464420.jpg


El Camino
昔、訪れた時は真夏で朝から日陰ということもあって、この岩場でずっとアップをしていた。
しかし、10年の歳月は超人気エリアということもあり、スタンスがつるつるに・・・・・
今回は初日に行って懲りてから、登ることはなかった。

a0032559_13522562.jpg


Pince Sans Rire ここは前回のツアーで登れなかった課題が残っていいるんだけど、
今回でも登る機会がなかった。
こうして、宿題ばかりが溜まっていく。

a0032559_13344372.jpg


Maldita Codicia 大好きなエリア。お昼寝にぴったり~
川面に反射した光が岩にあたってずっと見ていても全然飽きない。
自然の作りだした3Dに感嘆する。
[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-23 13:34

Rodellar 2014 Vol.6 Gran Boveda

a0032559_10185285.jpg


ロデラーで一番大きいケーブ、幅200m以上あるかな?
この写真に写っているのは右半分だけです。
ルートは全部で46本、そのうち10本が40m以上、もちろん80m以上のロープが必要で
上部が張り出していて、取り付きが下っているのでへたすると帰ってこれなくなるかも(笑)
僕はこの壁で一番易しい右端のルートAmelie 35mやりましたけど、充実感たっぷりで痺れました。

a0032559_10142856.jpg
a0032559_10145621.jpg
a0032559_10151049.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-22 10:16

Rodellar 2014 Vol.5 ロデラー村

a0032559_13463127.jpg
a0032559_1347061.jpg
a0032559_13471970.jpg
a0032559_1348191.jpg
a0032559_13481975.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-21 13:47

Rodellar 2014 Vol.4 Camping El Puente

第4回はお世話になったエルプエンテ・キャンプ場周辺の写真です。

a0032559_127393.jpg


僕たちが泊ったバンガロー、10畳ぐらいのリビングとキッチン、寝室2、4ベッド、バストイレ付
長期滞在割引で 一日30ユーロにしてもらいました。

a0032559_1272386.jpg

a0032559_12162225.jpg

キャンプ場全景 川の左側です。

a0032559_1275048.jpg

少し、上流に歩けばこの風景、奥に見える岩場に行くには谷がゴルジュ帯になっているので右側から
山をグルッと越えていかなければいけませんでした。


a0032559_128470.jpg
a0032559_1282367.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-21 12:13

Rodellar2014 Vol.3 番外編

第3弾にして、早くも番外編です。
今日はわんこの写真を集めてみました。
まあ、アメリカにしてもヨーロッパにしても、クライマーは犬が大好きな人種で
2組にひとつは犬連れですね。
クライミングに犬を連れてきているのか、犬のためにクライミングに来ているのか解らなくなりそうです。
逆に犬を連れていない男2人組だと別の意味に誤解してしまいそうです(笑)
さてSNS大流行の日本、アマチュア写真家で猫の写真をアップしている人はたくさんいても
犬は少ないです。
犬はたいてい、飼い主がいるし遠慮してしまうというのも理由のひとつかもしれません。
前置きが長くなりました。
a0032559_113847.jpg
a0032559_11382114.jpg
a0032559_11384079.jpg
a0032559_11385556.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-21 11:39

Rodellar2014 Vol.2 El Delfin 

ロデラー第2弾です。
はじまりはトポに載っていた1枚の写真からだった。
次のヨーロッパツアーには、どこへ行こうか二人で考えていた時、この写真を見て僕が惚れこんでしまった。
ロデラーには過去、2回訪れていたけど当時このルートはまだ開かれていなかった。

a0032559_182447.jpg


滞在中、お世話になるエルプエンテのキャンプ場にやっと到着したのは、バルセロナに着いた日の夕方。
あくる日は近くの町といっても片道90分ぐらいかかるウエスカのスーパーに買い出し、
結局キャンプ場に戻ってきて岩場に繰り出したのは3時ごろになってしまった。
まだ、長旅の疲れと時差ボケが残っているので
エルカミノで軽くアップのつもりが、ここ10年で岩場は変貌して人気エリアはスタンスがつるつるに~
全然、アップにならないとぼやきながら、今回の目標ルートがあるベンタナス・マスクンまで足を延ばして、
偵察に行って見た・・・

a0032559_1831190.jpg


ベンタナス・マスクンの全景。
真ん中のアーチには、以前全然ルートがなかった。
現在は左側がラス・ベンタナス 右のアーチ部分が独立してルート名のEl Delfinがそのままエリア名になっている。
a0032559_18312160.jpg


トポに載っているルートを横からみたところ、写真で見るほどルートは長くなくて18mとトポには表記されている。
超人気ルートなのにその時は誰もいず、クイックドローがかかっていたので我慢できずに少しおさわりしてみた。
実は、1か月前にオーバートレーニングで左肘を痛めてしまっていた。 
リハビリ中で、だましだまし登ればなんとかなるだろうとツアーに出発。
肘を痛めているのに、こんなルーフ課題を触ればどうなるか結果はわかっていたが、
地球を半周してここまで来て、登りたいと思わないクライマーはいないだろう。

体のキレもよく、肘の具合もよかったのでこれはいけるかも!と淡い幻想をいだいてこの日は終了。
続く・・・・・・・
[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-20 15:01

Rodellar2014 Vol.1渡西編

ツアーから帰国して1週間、やっと写真の整理をする気持ちの整理がついたので・・・・

ヨーロッパツアー出発直前、日本に直撃はしないようだけど、大型台風が日本海に近付いていた。
中国・江蘇省あたりではかなり被害がでているようだし、
僕たちは最初、関空から仁川に飛ぶのでかなりヤバいのではと思った。
幸い、お昼には温帯低気圧へとかわり、無事、仁川に・・・・
アムステルダムを経由してこの写真はフランス上空です。

a0032559_17323914.jpg


僕は通路側の席を希望していたのに、アムステルダム=バルセロナ間は夫婦ばらばらでしかも窓際の席だった。
飛行機もかなりの旧型で、これで国際線なのか?
もはや、ユーロ圏内の移動は国内線感覚なのかもしれない。今秋はヨーロッパは天候不順で毎日雷雨に見舞われているらしい。オランダのの空はまだ晴れ間があったけど、フランスにさしかかってからは一度も地面がみえない。
長時間のエコノミー移動で体調も悪くくたくたに疲れていたのだけど、全然眠れなくて、ふと窓の外にカメラを向けた。

真っ白の雲のじゅうたんの隙間に何かが見える。
あれは5年前、訪れたタルン渓谷、ミヨーの橋に違いない。
神の啓示にも思える偶然に一人でわくわくする。(写真はいまいちです)
a0032559_17552099.jpg


バルセロナ空港でレンタカーを借りて、A2をひたすら西へと走る。
今回、コンパクトクラスを予約して初めての伊車(FIAT500)に乗れると舞い上がってしまっていた。
久しぶりの左ハンドルでMT、バルセロナを抜けてほっとしてから、なんか思っていたよりも車がでかいなあとはじめて気がついた。
FIATの500L、ちょっとしたミニバン並みに大きい。ルパン3世でおなじみのチンクエチェント(はつかねずみ)とよばれた愛らしさは微塵もない。高速道路を走るには、余裕のクルージングだけど、ロデラーへの細い山道をきびきび走るには、もてあまし気味、そして僕たち夫婦2人にとってもでかすぎた。
(後ろの岩山はモンセラート)
a0032559_22201310.jpg


a0032559_22254754.jpg

[PR]
by kounoproclimb | 2014-10-17 17:57