Their Finest

a0032559_10224360.jpg
「人生はシネマテイック」見ました。
「ダンケルク」「チャーチル」「償い」と最近イギリス映画づいています。
第2次世界大戦当時、戦意高揚のため、ダンケルクを題材としたプロパガンダ映画の脚本を書く女性主人公の話、劇中劇になっています。
地味な映画なのに映画評論家などの評価が異様に高く、期待が膨らみます!
原題の「their finest」は1940年、チャーチルがイギリス議会下院で行った有名な演説が由来のようです。
映画の中にも、素敵なセリフが散りばめられていて、映画ファンなら是非見てほしい映画でした。

「我々にチャンスがまわるのは若い男が出兵しているからだ
 或いは死んでいるから・・

 だがチャンスに背を向けるのは死に生を支配させるのと同じだ
大きな喪失感に捕らわれていようと~」


「見た瞬間、それがほしいと思い
 どんなに強く望んでも手に入らないものはあるか?

 俺にはある

 それは生きる力を奪うか、燃え続ける炎を与えるかだ

 俺は出だしにいなかった

 だが結末は必ず見届ける
 正しい結末にすべきだからだ
 戦う価値のあるような結末に」


[PR]
by kounoproclimb | 2018-05-05 10:20
<< シンドラーのリスト 光州事件 >>