2007年 12月 09日 ( 2 )

ROCK&SNOW #038

a0032559_13503797.jpg

ロック&スノー 38号が出ました。
今号の最大のニュースは1400円に値上がりしたことと森山編集長の引退でした。
(健康上の理由のため、退職されるそうです。)

今回はDVD付きのため、止むを得ず値上げをしたそうですが・・・・・
あなたは1400円出しても購読する価値はあると思いますか?

僕はあると思っています・・・・・・・
年に数回かしか発行出来なくても今回は休刊にせず是非続けてほしい。
クライミング雑誌が一種類しかない現在、山と渓谷社にはそれぐらいの責任があるはずです。
(編集長も発売日に必ず買ってくれる熱心な読者に支えられてきたと書いておられました)


肝心の中身ですが、今号も内容濃いです。
表紙に書いてある加須ワールドカップのレポートもいろんな側面から、掘り下げてあって・・・・
トーマス・ムラツェクとミュリエル・サルカニーのインタビューは必読です。


世界の岩場から「GERMANY」
この特集も5回目になりました。
ドイツの岩場と言えばフランケンユーラ、極小ポケットが指に悪そうでボルダーチックとあまりいい印象を受けないのですが、我が家では次回のツアーで行って見たい候補のひとつです。

というのも今まで行ったどこの岩場でも、必ずドイツ人のクライマーにあったし、尚且つ一番親切にしてもらってきたからです。
かつて日本とドイツは同盟を結んでいた時代がありましたが、かなり気質が近いんでしょうね!
アメリカであったドイツ人の一家はユーラは決してお勧めじゃないよといってましたが・・・・

アルパインクライミングの現在
マルコ・プレゼリ氏と13人の日本人クライマーとの座談会

わずか3ページ、尻切れトンボで終わってしまい残念
これだけで特集を組んでほしかった!
[PR]
by kounoproclimb | 2007-12-09 14:02 | その他

Wall Master 2007

a0032559_1144668.jpg


コンペの準備も全て終わり、くつろいでいる○ミー
戦いの前の静かな時間です。

今回のメインセッターは○村○介さん~
面白そうないいルートをたくさん創っていただきました。

とりあえず結果と写真のみです。
リザルトはここです

a0032559_1150256.jpg
a0032559_11502628.jpg


オープン女子決勝ルートは正面壁の右端から前衛壁をトラバース、そしてステップアップ壁の左端がゴールという超ロングルート ・・・ミドルの決勝で使われたのと同じルートだったため、ほとんどの女性選手がリーチ差で苦しむ中、一番小さな尾上彩選手が優勝、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

a0032559_11565422.jpg

オープン男子の決勝ルートもビッグウエーブ右壁から、最大傾斜を抜けてさらにBW左壁をクライムダウン、すきまウオールからノーマルヒルへ抜けるという超ロングルートでした。
最後は取り付きからクライマーの姿が全く見えなくなるというビレイヤー泣かせの難ルートでしたが卯城選手と樋口選手の2名が完登~
予選の結果から樋口純裕選手の優勝が決まりました。
[PR]
by kounoproclimb | 2007-12-09 11:44